JAMSTEC OceanSITES

データベース | JAMSTECトップページ

> English

OceanSITESについて

OceanSITES(http://www.oceansites.org/index.html)は、世界中の海洋において海面での大気-海洋相互作用から5000mの深海までの全層を対象に様々な観測データを長期間にわたって取得し、他の観測のリファレンスサイトとなることを目指している国際プログラムであり、JAMSTECも参加、貢献しています。 現在、60以上の時系列観測点がOceanSITESとして運用されています。OceanSITESのGlobal Networkのページ(http://www.oceansites.org/network/index.html)にはこれらの観測点の配置図があり、データページ(http://www.oceansites.org/data/index.html)からは現在公開されているデータをダウンロードすることもできます。

JAMSTECのOceanSITES参加プロジェクトとデータ

現在、JAMSTECでは3つのプロジェクトがOceanSITESに参加しています。 1つはKEOプロジェクトで、北西太平洋にセジメントトラップを設置し、沈降粒子データを採取しています。2つ目はTRITONブイプロジェクトであり太平洋の赤道域に海面部位を設置し、大気・海洋データを取得しています。3つ目はK2プロジェクト(K2S1プロジェクトの後継)で、西部北太平洋の亜寒帯循環域の観測定点K2に設置したセジメントトラップで捕集した沈降粒子データをOceanSITESに提供しています。

KEO:
  https://ebcrpa.jamstec.go.jp/egcr/e/oal/oceansites_keo/


TRITON:
  http://www.godac.jamstec.go.jp/OceanSITES/data_j.html


K2:
  https://ebcrpa.jamstec.go.jp/k2oceansites/


Last Updated on Aug 31, 2017