JAMSTEC OceanSITES

データベース | JAMSTECトップページ

> English

OceanSITESについて

 OceanSITES(http://www.oceansites.org/index.html)は、世界中の海洋において海面での大気-海洋相互作用から5000mの深海までの全層を対象に様々な観測データを長期間にわたって取得し、他の観測のリファレンスサイトとなることを目指している国際プログラムであり、JAMSTECも参加、貢献しています。 現在、60以上の時系列観測点がOceanSITESとして運用されています。OceanSITESのGlobal Networkのページ(http://www.oceansites.org/network/index.html)にはこれらの観測点の配置図があり、データページ(http://www.oceansites.org/data/index.html)からは現在公開されているデータをダウンロードすることもできます。

JAMSTECのOceanSITES参加プロジェクト

 現在、JAMSTECでは3つのプロジェクトがOceanSITESに参加しています。 1つはJKEOプロジェクトで、北太平洋に海面ブイを設置して大気・海洋のデータを取得しOceanSITESに提供しています。1つはTRITONブイプロジェクトであり太平洋の赤道域で同様なデータを提供しています。もう1つはK2S1プロジェクトで、西部北太平洋の亜寒帯循環域・亜熱帯循環域の観測定点K2とS1に設置したセジメントトラップで捕集した沈降粒子データをOceanSITESに提供しています。

JKEOおよびKEOプロジェクトの概要:
  http://www.jamstec.go.jp/iorgc/ocorp/ktsfg/data/jkeo/index.html


TRITONプロジェクトの概要:
  http://www.jamstec.go.jp/jamstec/TRITON/real_time/overview.php/po.php


K2S1プロジェクトの概要:
  http://www.jamstec.go.jp/rigc/j/ebcrp/mbcrt/index.html


組織

 OceanSITESは国際的な科学プロジェクトです。プロジェクトの運営は11ヶ国からの17人のメンバーで構成されるScience Steering Team(共同議長:Dr. R. Weller, Dr. U. Send)により行われています。データの収集・公開システムについては21人のメンバーで構成されるData Management Team(議長:Dr. S. Pouliquen)において議論・開発されています。
 各チームの詳細は以下のサイトをご覧下さい。

http://www.oceansites.org/team/index.html

データ

 JKEOプロジェクトのOceanSITES対応データは以下のJKEOプロジェクトのページからダウンロードすることができます。

http://www.jamstec.go.jp/iorgc/ocorp/ktsfg/data/jkeo/JKEOocean_site.htm

 TRITONプロジェクトのOceanSITES対応データは次のページをご覧下さい。

http://www.godac.jamstec.go.jp/OceanSITES/data_j.html

 K2S1プロジェクトのセジメントトラップOceanSITES対応データは次のページをご覧下さい。

http://ebcrpa.jamstec.go.jp/rigc/e/ebcrp/mbcrt/st_k2s1_oceansites/

Last Updated on October 31, 2012