JAMSTECデータカタログの使い方

1. 検索方法

JAMSTECデータカタログではJAMSTECの研究活動に関連したデータセットの情報(メタデータ)を検索して閲覧する事ができます。検索方法は2通りあります。

(1) カテゴリー選択

分類ツリーから研究分野や観測項目を選択して、カテゴリーからデータを段階的に絞り込むことができます。

(2) キーワード検索

テキスト検索用の検索ボックスにキーワードを入力して、全文検索を行う事ができます。

2. 画面構成

画面構成

3. カテゴリー選択

分類ツリー

画面の左枠にあるのが分類ツリーです。ツリーを使うと、あらかじめ登録されているキーワードをたよりに、段階的に条件を絞り込んで目的のデータを探す事ができます。
分類名横のカッコ内には、その分類に登録されているデータセットの数が表示されています。 分類名をクリックすると、ツリーが展開され、下位分類が表示されます。画面右枠のデータセット一覧には、選択した分類に属するデータセット一覧が表示されます。

データセット一覧

データセット一覧:画像

データセット一覧には、分類ツリーまたは分類詳細で選択した分類(キーワード)に関係するデータの一覧が表示されます。各データの「タイトル」「サムネイル」「要約」がリストに表示されます。「タイトル」をクリックすると、そのデータの詳細情報が表示されます。

4. キーワード検索

テキスト検索

各画面の上部に設置されている検索ボックスから、JAMSTECデータカタログに登録されている全データのテキストを対象に検索をすることができます。検索ボックス内に、下記の例を参考にキーワードを入力し、虫眼鏡:アイコン虫眼鏡ボタンをクリックして検索を行ってください。検索を実行すると検索の一覧画面が表示されます。

キーワードの入力方法

検索方法 解説
AND検索 『海 JAMSTEC』

キーワードとキーワードの間にスペースを挟むとAND検索ができます。例のとおり入力すると、海とJAMSTEC両方のキーワードが含まれるデータを検索します。

検索画面の構成

検索結果後の分類ツリー

検索結果画面の分類ツリーは、データカタログの一般的な分類一覧のツリーと同じ機能を持っていますが、分類名横のカッコ内には、各分類に属するデータの検索ヒット数が表示されます。分類名をクリックすると、検索結果をその分類で絞り込むことができます。「すべてのデータ」フォルダの横に表示されている数字は、検索結果の全ヒット件数を表します。

検索結果一覧

検索結果一覧には、テキスト検索の結果ヒットしたデータの一覧が表示されます。一覧には、ヒットしたデータの「タイトル」「サムネイル」「スニペット(検索語周辺の文書)」とハイライトされたキーワードが表示されます。データの「タイトル」のリンクをクリックすると、そのデータに関する情報を閲覧することができます。

1画面に表示されるデータの件数はデフォルトで50件です。次の50件を表示するには、画面下の矢印をクリックしてください。画面下部のプルダウンをクリックすると1画面に表示する件数を変更できます。

5. 表示の切り替え

メタデータの概要表示

データのタイトル、サムネイルとそのデータの概要を閲覧できます。データの詳細を閲覧したい場合は、詳細表示をクリックしてください。

メタデータの詳細表示

データのタイトル、サムネイルの他、そのデータに関する詳細な情報が閲覧できます。

表示言語の切り替え

各画面上部の「English」または「日本語」と書かれたアイコンをクリックすると、表示言語を切り替えることができます。

ヘッダー

分類一覧日本語表示

分類一覧英語表示