詳細表示

四次元変分法海洋環境再現データセット(ESTOC)

  • タイトル
  • 四次元変分法海洋環境再現データセット(ESTOC)
  • データセット
    • データセット作成者
    • 杉浦 望実
    • 引用についての詳細情報
    • 次の論文を引用ください。 Masuda, S., T. Awaji, N. Sugiura, J. P.Matthews, T. Toyoda, Y.Kawai, T. Doi, S. Kouketsu, H. Igarashi, K. Katsumata, H. Uchida, T. Kawano, M. Fukasawa (2010), Simulated Rapid Warming of Abyssal North Pacific Waters, Science, 329, 319-322, DOI, 10.1126/science.1188703. Kouketsu, S. T. Doi, T. Kawano, S. Masuda, N. Sugiura, T. Toyoda, H. Igarashi, Y. Kawai, K. Katsumata, H. Uchida, M. Fukasawa, and T. Awaji (2011), Deep ocean heat content changes estimated from observation and reanalysis product and their influence on sea level change, J. Geophys. Res., 116, C03012, doi:10.1029/2010JC006464
    • データセットURL
    • http://www.godac.jamstec.go.jp/estoc/j/
  • 概要
  • このデータセットはJAMSTEC-Kyoto Universityの共同研究(k7コンソーシアム)で研究開発された四次元変分法海洋データ同化システムを用いて作成した1956年から2009年までの全球全層海洋環境再現データセットである。本システムで用いた予報モデルは米Geophysical Fluid Dynamics Laboratory / National Oceanic and Atmospheric Administration で開発されたModular Ocean Model ver.3 (MOM3; Pacanowski and Griffies 1999)でNoh scheme(混合層スキーム)やGent and McWilliams’s scheme (等密度面拡散スキーム)、quicker advection scheme (トレーサ移流スキーム)など のパラメタリゼーション・物理スキームを用いた四次元変分法に適する力学的に高いパフォーマンスを有するものである。水平解像度は緯度経度1 度で鉛直方向に46 層設けており、その間隔は海面付近での10m から海底付近での400m まで力学的見地に基づき設定されている。物理パラメータ:データ統合にはアジョイントデータ同化手法を応用している。用いた観測データはUK-MET officeにより編集されたEnsemble-3データセットにJAMSTECで取得された最新の船舶データを加えた海洋観測データ、Reynolds、OISST の海面水温(SST)データ及びAVISOにより編集された海面高度偏差データである。海表面については約10日(旬)間隔で海洋内部については一ヶ月間隔で観測データを取り込み、旬毎の海面フラックス(熱・淡水・運動量)と海洋全層の初期値を制御している。同化期間(同化ウィンドウ)は53年である。生物化学パラメータ:Green's 関数法を応用し最適なモデルパラメータを求めることで、入手可能な海洋観測データと窒素循環をベースとした海洋生態系モデル(NPDZCモデル)の統合を図っている。用いた観測データはWOA05の気候学的月平均硝酸塩データ、SeaWiFS の海色データ、およびWOA98の気候学的年平均chlorophyll-aデータをデトリタスに換算したものである。
  • キーワード
  • 地球科学->海洋->海水温->ポテンシャル温度
  • 地球科学->海洋->塩分/密度->塩分
  • 地球科学->海洋->海洋循環->海流
  • 地球科学->海洋->海洋化学
  • 地球科学->海洋->海洋地球物理
  • ISOメタデータカテゴリー
  • 地球科学情報
  • 海洋
  • 観測プラットフォーム
    • 略称
    • 数値モデル
    • 略称
    • GCM
    • 名称
    • General Circulation Model
    • 略称
    • 再解析モデル
  • 期間
    • 開始日
    • 1957-01-01
    • 終了日
    • 2011-12-31
  • ロケーション
  • 地域名->全球海域
  • 担当者/部署
    • 担当内容
    • メタデータ作成
    • 組織
    • データ管理技術グループ
    • Eメール
    • dmo@jamstec.go.jp
    • 担当内容
    • 問い合わせ先
    • 部署
    • データ問い合わせ担当
    • 組織
    • JAMSTEC
    • Eメール
    • estoc-admin@jamstec.go.jp
  • 関連URL
    • 種類
      • Type
      • データサイト
    • URL
    • http://www.godac.jamstec.go.jp/estoc/j/