ホーム > 使い方

陸域観測カタログの使い方

陸域観測カタログでは、JAMSTECが公開している陸域の調査・観測の情報について、検索して閲覧する事ができます。

  • 推奨環境は以下のとおりです。
  • ・Firefox 45.0以上
  • ・Safari 9.0.3以上
  • ・Google Chrome 49.0以上
  • ※Internet Explorerでは地図が閲覧できない場合があります。上記の推奨ブラウザ環境をご利用下さい。

使い方は以下の通りです。

1. 観測一覧

  1. 画面構成

    画面の左枠にあるのが『分類情報』のツリーです。カテゴリーを選択することで目的の調査・観測を絞り込むことができます。
    画面の右枠にあるのが『地図』の画面です。初期画面では『地図』が選択され、すべての調査観測地点が表示されます。タブを『リスト』に切替えることで、観測の一覧が表示されます。


  2. 分類情報

    『分類情報』のツリー上で分類名を選択すると、選択された分類に含まれる観測の一覧が『地図』タブ内や『リスト』タブ内に表示されます。さらに、その配下の分類名を選択すると、対象となる観測をさらに絞り込むことができます。
    分類項目名の末尾にあるカッコ内の数字は、その分類配下にある観測の数です。


  3. 地図タブ

    『地図』タブの選択時は、『分類情報』ツリーで選択した分類に含まれている観測地点がプロットされた地図が表示されます。『分類情報』ツリーで分類名を選択することでプロットした点を絞り込むことができます。

    地図左上のボタンあるいはマウスで、拡大縮小や移動などの操作ができます。
    また、地図右上の凡例ボタンで、凡例を表示することができます。

    観測地点をクリックすると、その概要を表示することができます。さらに、IDをクリックすると、その観測の詳細画面に遷移します。


  4. リストタブ

    『リスト』タブの選択時は、『分類情報』ツリーで選択した分類に含まれている観測が一覧表示されます。「サムネイル」をクリックすると、そのデータの詳細情報表示画面に遷移します。「地図」リンクをクリックするとその観測地点を赤い点で示した地図が表示されます。


2. キーワード検索

各画面の上部に設置されているテキストボックスで観測を検索することができます。ワードの間に半角スペースを入れて複数のワードを入力することでAND検索ができます。

例:『固体 調査』で検索すると、"固体"と"調査"の両方の単語が登録されたデータを検索します。

3. 詳細検索

  1. 画面構成

    各画面の上部に設置されている「詳細検索」のリンクをクリックすると、詳細検索用の画面が表示されます。この画面では、分類の選択や、テキスト検索、データ項目ごとの検索、地図検索ができます。画面下部の「検索」ボタンをクリックして、設定した条件での検索ができます。


  2. キーワード条件

    検索条件のワードは複数入力できます。ワードとワードの間に半角スペースを挟み、「全てのキーワードを含む(AND)」、または「いずれかのキーワードを含む(OR)」を選択することでAND / OR検索ができます。


  3. データ項目条件

    「データ項目条件」のプルダウンリストを選択し、「追加」をクリックすることで、項目ごとの検索条件を追加できます。「削除」ボタンで検索条件から削除することも可能です。「クリア」ボタンをクリックすることで検索条件を初期化できます。


  4. 地図

    地図の上部にある「範囲選択」ボタンをクリックし、検索したい範囲を選択して検索できます。「範囲選択」時は、マウスクリックでポイント追加、ダブルクリックでポイントを結び、検索範囲が決定できます。「検索」ボタンをクリックすると検索が開始します。
    また、「選択解除」ボタンをクリックすることで検索条件を解除できます。


4. 検索結果

  1. 画面構成

    『分類情報』と『検索結果』で構成されています。

  2.  

  3. 分類情報

    分類名の末尾にあるカッコ内の数字は検索条件にマッチした観測数です。


  4. 検索結果

    検索条件にマッチした観測の一覧が表示されます。


  5. 地図タブ

    『地図』タブの選択時は、検索条件にマッチした観測の観測地点がプロットされた地図が表示されます。
    観測地点をクリックすると、その概要が表示されます。さらに、IDをクリックすると、その観測の詳細画面に遷移します。


  6. リストタブ

    「サムネイル」をクリックすると、その観測の詳細情報表示画面に遷移します。


5. 詳細情報

画面には、観測の情報が表示されます。

「緯度,経度」の項目に表示されている緯度経度のリンクをクリックすると、観測地点がプロットされた地図が表示されます。

「デ−タページ」の項目に表示されているURLをクリックすると関連するデータベースが表示されます。