「みらい」 MR08-03 GPS可降水量データ

最終更新日: 2012-10-27
: MR08-03
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
GPS衛星から受信した搬送波データから大気遅延量を推定し、海上気象データを用い可降水量を算出した。

データのご利用にあたって

藤田 実季子(海洋研究開発機構)
可降水量の算出方法に以下の論文を引用すること。 Fujita, M., F. Kimura, K. Yoneyama, and M. Yoshizaki (2008), Verification of precipitable water vapor estimated from shipborne GPS measurements, Geophys. Res. Lett., 35, L13803, doi:10.1029/2008GL033764.
特になし
機器名:
GPS衛星受信装置
機器の概要:
テキスト形式 (世界時刻、可降水量、海上比湿、気温、気圧 の順)。
欠測値は999.99。
: MR08-03
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR08-03_gps.zip

関連情報

更新履歴

2012-10-27
観測データを登録しました。