「みらい」 MR08-05 クロロフィル

最終更新日: 2013-08-29
: MR08-05
: Processed (DMO)-QCed
: サイズ分画クロロフィル濃度
:
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成

データのご利用にあたって

松本 和彦(海洋研究開発機構)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
クロロフィル測定用蛍光光度計
このreadmeは、MR08-05航海のクロロフィルデータについて解説したものです。 以下に、採水、分析を行った装置や試薬に関する情報を示します。さらに詳細な情報が必要な場合にはクルーズレポートをご参照ください。
1)  鉛直採水 :            ニスキンボトル
2)  表面海水採取方法 :    バケツ
3)  採水層 :              8〜9層
4)  サイズ分画 :          分画無しおよび3分画
5)  ろ紙 :                分画無し : Whatman GF/F径25mm
                          サイズ分画 : nuclepore filter 47mm (pore size;10.0μm,3.0μm,1.0μm) およびWhatman GF/F径25mm
6)  抽出試薬 :            N,N-dimethylformamide (HPLC-grade)
7)  抽出時間 :            -20℃で24時間以上
8)  抽出試料の保存期間 :  数日間
9)  分析場所 :           「みらい」
10) 分析機器名 :          クロロフィル測定用蛍光光度計 
11) 分析方法 :            蛍光法 Non-acidification method (Welschmeyer, 1994) とAcidification method (Holm-Hansen et al., 1965)
12) 測定時の光源 :        Non-acidification method (Blue Mercury Vapor), Acidification method (Daylight White)
クロロフィル測定用蛍光光度計 (Tuner Design fluorometer (10-AU-005)) は 植物プランクトンが持つクロロフィルを有機溶媒で抽出し蛍光を測定します。 蛍光物質はそれぞれ固有の波長の光を吸収して励起し、特定の波長の蛍光を発生するので、 光学フィルターで分光し、その蛍光光度を測定すると、目的とするサンプル物質の蛍光を得ることができます。 励起光の強度が一定であるとき、放射光の強度はほぼクロロフィル濃度に比例します。 蛍光光度からは濃度を絶対値で読みとることができないため、参照物質で較正することが必要になります。 装置は光源ランプ、フィルター、検出器、キーパッドから構成されています。
会社名 : Turner Designs, Inc.
形式 : 10-AU-005
感度 : >0.03μL
測定範囲 : 0.03〜700μg/L
光学系 : デュアルビーム
互換性 : Windows 95
Chlorophyll a : Sigma chemical Co.
: MR08-05
: Processed (DMO)-QCed
: サイズ分画クロロフィル濃度
:
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR08-05_Chl.csv
: MR08-05
: Processed (DMO)-QCed

クロロフィルデータシートフォーマット

MR08-05で得られたクロロフィルデータシートのフォーマット情報です。
データ取得のないカラムは-9としました。

MR08-05_Chlに示されたカラムと項目名および説明を記します。

カラム番号項目名説明
1CruiseID航海ID
2STNNBR測点番号 (cruise reportのCTD cast tableに基づく)
3CASTNOCTDキャスト番号 (cruise reportのCTD cast tableに基づく)
4UTC Date採水開始日 (cruise reportのCTD cast tableに基づく)
5UTC Time採水開始時刻 (cruise reportのCTD cast tableに基づく)
6Latitude採水開始緯度 (北緯:cruise reportのCTD cast tableに基づく)
7Longitude採水開始経度 (東経:cruise reportのCTD cast tableに基づく)
8BTLNBR採水したニスキンボトルの番号
9BTLNBR_FLAG_W採水したニスキンボトルのフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
10CTD DepthCTD採水した深度 (m)
11CTD PRSCTD採水した圧力 (dbar)
12CTDPRS_FLAG_WCTD採水した圧力のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
13CHLWELChlorophyll現存量 (Non-acidification method) (mg/m3)
14CHLWEL_FLAG_WChlorophyll現存量 (Non-acidification method)のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
151CHLWELChlorophyll現存量 (Non-acidification method) (mg/m3)
161CHLWEL_FLAG_WChlorophyll現存量 (Non-acidification method)のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
17CHLHOLChlorophyll現存量 (Acidification method) (mg/m3)
18CHLHOL_FLAG_WChlorophyll現存量 (Acidification method)のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
191CHLHOLChlorophyll現存量 (Acidification method) (mg/m3)
201CHLHOL_FLAG_WChlorophyll現存量 (Acidification method)のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
21SIZECHL10μm以上のChlorophyll現存量 (mg/m3)
22SIZECHL_FLAG_W10μm以上のChlorophyll現存量のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
231SIZECHL3以上10μm未満のChlorophyll現存量 (mg/m3)
241SIZECHL_FLAG_W3以上10μm未満のChlorophyll現存量のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
252SIZECHL1以上3μm未満のChlorophyll現存量 (mg/m3)
262SIZECHL_FLAG_W1以上3μm未満のChlorophyll現存量のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
273SIZECHL1μm未満のChlorophyll現存量 (mg/m3)
283SIZECHL_FLAG_W1μm未満のChlorophyll現存量のフラグ (フラグ詳細は品質管理フラグをご参照ください)
29Remarks測点名の記載

21から28について)
サイズ分画でろ過した試料の測定結果です。測定はNon-acidification methodで行いました。
: MR08-05
: Processed (DMO)-QCed
データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。

関連情報

更新履歴

2013-08-29
観測データを登録しました。
2012-10-26
観測データを登録しました。