「みらい」 MR10-02 ボトル採水化学分析

最終更新日: 2017-07-28
: MR10-02
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, ポテンシャル水温, 密度
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

データのご利用にあたって

CTDTMP : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
CTDSAL : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
SALNTY : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
CTDOXY : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)

JAMSTEC / BPPT joint cruise in the Indonesian waters.
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
塩分測定装置 (オートサル)
 (1) Temperature sensor
     Model :               SBE3, Sea-Bird Electronics, Inc.
     Measurement range :   -5.0 to +35degC
     Accuracy :            0.001degC
     Resolution :          0.0002degC
 (2) Salinity sensor
     Model :               SBE4, Sea-Bird Electronics, Inc.
     Measurement range :   0.0 to 7S/m
     Accuracy :            0.0003S/m
     Resolution :          0.00004S/m
 (3) Pressure sensor
     Model :               SBE9plus, Sea-Bird Electronics, Inc.
     Measurement range :   up to 10500m
     Accuracy :            0.015%F.S.
     Resolution :          0.001%F.S.
 (4) DO sensor
     Model :               SBE43, Sea-Bird Electronics, Inc.
     Measurement range :   0-15ml/l
     Accuracy :            0.1ml/l
     Resolution :          0.01ml/l   
     
1. Salinity 
 (1) Instruments : Autosal salinometer model 8400B(Guildline Instruments Ltd.)
 (2) Methods     : -
 (3) Precision   : 0.0005 PSU
 (4) Reference Material/Calibration : IAPSO Standard Sea Water batch P151(Ocean Scientific International Ltd.)    
     
: MR10-02
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, ポテンシャル水温, 密度
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
MR100200_ex_bot.csv
MR100200_odv_bot.txt
: MR10-02
: Processed (PI)
: JAMSTEC

Exchange Format

このデータはCCHDO (CLIVAR and Carbon Hydrographic Data Office) のExchange Format (カンマ区切り、固定長、拡張子:.csv) に準拠しています。
Exchange Formatの詳細についてはCCHDOのサイトをご覧下さい。
カラム情報
カラム番号 項目名 単位 表示形式 説明
1 EXPOCODE A14 Expedition code
2 SECT A6 For WOCE data the WHP section identifier
3 STNNBR A6 Station number
4 CASTNO I3 Cast number
5 SAMPNO A7 Sample number
6 BTLNBR A7 Bottle identification number
7 BTLNBR_FLAG_W I1 Bottle quality flag
8 DATE I8 Cast date(UTC)
9 TIME UTC I4 Cast time (UTC)
10 LATITUDE DEG F8.4 LATITUDE
11 LONGITUDE DEG F9.4 LONGITUDE
12 DEPTH M I5 Reported depth to bottom.
13 CTDDPT M F9.1 Depth
14 CTDDPT_FLAG_W I1 Quality flag for CTD data
15 CTDPRS DBAR F9.1 Pressure
16 CTDPRS_FLAG_W I1 Quality flag for CTD data
17 CTDTMP ITS-90 F9.4 Temperature
18 CTDTMP_FLAG_W I1 Quality flag for CTD data
19 CTDSAL PSS-78 F9.4 CTD Salinity sensor
20 CTDSAL_FLAG_W I1 Quality flag for CTD data
21 SALNTY PSS-78 F9.4 Salinity
22 SALNTY_FLAG_W I1 Quality flags for water samples
23 CTDOXY UMOL/KG F9.2 CTD Oxygen sensor
24 CTDOXY_FLAG_W I1 Quality flag for CTD data
25 THETA DEG C F9.4 Potential temperature
26 SIG0 KG/CUM F9.4 Density

ODV Format

このデータはOcean Data View (ODV) 対応のODV spreadsheet format (タブ区切り、拡張子.txt) に準拠しています。
ODVは、海洋学などの連続データ、もしくはグリッドデータを可視化するソフトウエアです。
ODVおよびODV spreadsheet formatの詳細についてはODVのサイトをご覧ください。
カラム情報
カラム番号 項目名 説明
1 Cruise Cruise Label
2 Station Station number_Cast number
3 Type Station type
4 mon/day/yr Cast date(UTC)
5 hh:mm Cast time (UTC)
6 Latitude [degrees_north] LATITUDE
7 Longitude [degrees_east] LONGITUDE
8 Bot. Depth [m] Reported depth to bottom.
9 CTDDPT[M] Depth
10 QF Quality flag for CTD data
11 CTDPRS[DBAR] Pressure
12 QF Quality flag for CTD data
13 CTDTMP[ITS-90] Temperature
14 QF Quality flag for CTD data
15 CTDSAL[PSS-78] CTD Salinity sensor
16 QF Quality flag for CTD data
17 SALNTY[PSS-78] Salinity
18 QF Quality flags for water samples
19 CTDOXY[UMOL/KG] CTD Oxygen sensor
20 QF Quality flag for CTD data
21 THETA[DEG C] Potential temperature
22 QF Quality flag for CTD data
23 SIG0[KG/CUM] Density
24 QF Quality flag for CTD data
25 SAMPNO Sample number
26 QF Bottle quality flag
: MR10-02
: Processed (PI)
: JAMSTEC
  1. データの品質評価は、以下の機関が実施しました。
  2. DATA_ID Name
    CTDTMP PI : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
    CTDSAL PI : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
    SALNTY PI : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
    CTDOXY PI : 安藤 健太郎(海洋研究開発機構)
    PI : PI(Principal Investigator)によって品質評価が行われた。
    DMO : JAMSTEC DMOによって品質評価が行われた。
    JAMSTEC DMO 品質管理
  3. 1. 緯度経度、時間、水深チェック(観測点の緯度経度、観測時間、観測点の水深に記入ミスがないか)
    2. フラグとデータの整合性チェック(フラグ2(Acceptable measurement.)なのに、データは-999などがないか)
    3. プロファイル目視チェック(プロファイルを書いたときに、極度に異常なデータはないか)
  4. 品質管理フラグ
  5. データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。

関連情報

更新履歴

2017-07-28
観測データを登録しました。
2016-04-07
観測データを登録しました。
2015-05-29
観測データを登録しました。
2013-08-29
観測データを登録しました。
2012-09-28
観測データを登録しました。