「みらい」 MR11-02 Po-210, Pb-210, POC, PONデータ

最終更新日: 2013-03-31
: MR11-02
: Processed (PI)
:
:
海洋表層及び中深層からの有機炭素粒子束を測定するためのPo-210, Pb-210, POC, PONデータ。海水及び懸濁粒子試料は、それぞれCTD-RMSと現場ろ過器を用いて採取した。データは、Excelファイル内に納められており、内容は、深度,ポテンシャル水温 (Theta),塩分,ポテンシャル密度 (Sigma-theta),POC,PON,粒状態Po-210 (P-210Po),溶存態Po-210 (D-210Po), 全Pb-210 (T-210Pb)である。ポテンシャル水温,塩分,ポテンシャル密度は、CTDセンサーの値を用いている。P-210Po, D-210Po, T-210Pbの測定誤差は、放射線のカウンティングエラーから算出した。"n.d."は、no dataを示している。

データのご利用にあたって

川上 創(海洋研究開発機構)
責任者(川上 創)と要相談 (kawakami@jamstec.go.jp)
責任者(川上 創)と要相談 (kawakami@jamstec.go.jp)
機器名:
元素分析計
機器の概要:
パーキンエルマー社製2400II
機器名:
α線測定装置
機器の概要:
セイコーEG&G社製Octéte
海水,その他
MR11-02PK2**06, MR11-02PK2**07, MR11-02PS1**08, MR11-02PS1**09, MR11-02SK2**05, MR11-02SS1**06
エクセルファイル
: MR11-02
: Processed (PI)
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR11-02.xls

関連情報

更新履歴

2013-03-31
観測データを登録しました。