「みらい」 MR12-03 ボトル採水化学分析

最終更新日: 2015-05-29
: MR12-03
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, ポテンシャル水温, 密度
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

データのご利用にあたって

CTDTMP:柏野 祐二(海洋研究開発機構)
CTDSAL:柏野 祐二(海洋研究開発機構)
SALNTY:柏野 祐二(海洋研究開発機構)
CTDOXY:柏野 祐二(海洋研究開発機構)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
塩分測定装置 (オートサル)
(1) Temperature sensor
    Model:               SBE03-04/F, Sea-Bird Electronics, Inc.
    Measurement range:   -5.0 to +35degC
    Accuracy:            0.001degC
    Resolution:          0.0002degC
    
(2) Salinity sensor
    Model:               SBE04-04/0, Sea-Bird Electronics, Inc.
    Measurement range:   0.0 to 7S/m
    Accuracy:            0.0003S/m
    Resolution:          0.00004S/m
    
(3) Pressure sensor
    Model:               SBE9plus, Sea-Bird Electronics, Inc.
    Measurement range:   up to 6800m
    Accuracy:            0.015%F.S.
    Resolution:          0.001%F.S.
    
(4) DO sensor
    Model:               SBE43, Sea-Bird Electronics, Inc.
    Measurement range:   120% of surface saturation
    Accuracy:            2% of saturation 
     
1. Salinity 
(1)Instruments: Autosal salinometer model 8400B (Guildline Instruments Ltd.)
(2)Methods:     -
(3)Precision:   The average of the double conductivity ratio was 1.99986 and standard deviation was 0.00003.
(4)Reference Material/Calibration: IAPSO Standard Sea Water batch P154 (Ocean Scientific International Ltd.) 
     
: MR12-03
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, ポテンシャル水温, 密度
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
MR120300_ex_bot.csv
MR120300_odv_bot.txt
: MR12-03
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC

Exchange Format

このデータはCCHDO (CLIVAR and Carbon Hydrographic Data Office) のExchange Format (カンマ区切り、固定長、拡張子:.csv) に準拠しています。
Exchange Formatの詳細についてはCCHDOのサイトをご覧下さい。
カラム情報
カラム番号 項目名 単位 表示形式 説明
1EXPOCODE
A14Expedition code
2SECT
A6For WOCE data the WHP section identifier
3STNNBR
A6Station number
4CASTNO
I3Cast number
5SAMPNO
A7Sample number
6BTLNBR
A7Bottle identification number
7BTLNBR_FLAG_W
I1Bottle quality flag
8DATE
I8Cast date(UTC)
9TIMEUTCI4Cast time (UTC)
10LATITUDEDEGF8.3LATITUDE
11LONGITUDEDEGF9.3LONGITUDE
12DEPTHMI5Reported depth to bottom.
13CTDDPTMF9.1Depth
14CTDDPT_FLAG_W
I1Quality flag for CTD data
15CTDPRSDBARF9.1Pressure
16CTDPRS_FLAG_W
I1Quality flag for CTD data
17CTDTMPITS-90F9.4Temperature
18CTDTMP_FLAG_W
I1Quality flag for CTD data
19CTDSALPSS-78F9.4CTD Salinity sensor
20CTDSAL_FLAG_W
I1Quality flag for CTD data
21SALNTYPSS-78F9.4Salinity
22SALNTY_FLAG_W
I1Quality flags for water samples
23CTDOXYUMOL/KGF9.3CTD Oxygen sensor
24CTDOXY_FLAG_W
I1Quality flag for CTD data
25THETADEG CF9.4Potential temperature
26SIG0KG/CUMF9.4Density

ODV Format

このデータはOcean Data View (ODV) 対応のODV spreadsheet format (タブ区切り、拡張子.txt) に準拠しています。
ODVは、海洋学などの連続データ、もしくはグリッドデータを可視化するソフトウエアです。
ODVおよびODV spreadsheet formatの詳細についてはODVのサイトをご覧ください。
カラム情報
カラム番号 項目名 説明
1CruiseCruise Label
2StationStation number_Cast number
3TypeStation type
4mon/day/yrCast date(UTC)
5hh:mmCast time (UTC)
6Latitude [degrees_north]LATITUDE
7Longitude [degrees_east]LONGITUDE
8Bot. Depth [m]Reported depth to bottom.
9CTDDPT[M]Depth
10QFQuality flag for CTD data
11CTDPRS[DBAR]Pressure
12QFQuality flag for CTD data
13CTDTMP[ITS-90]Temperature
14QFQuality flag for CTD data
15CTDSAL[PSS-78]CTD Salinity sensor
16QFQuality flag for CTD data
17SALNTY[PSS-78]Salinity
18QFQuality flags for water samples
19CTDOXY[UMOL/KG]CTD Oxygen sensor
20QFQuality flag for CTD data
21THETA[DEG C]Potential temperature
22QFQuality flag for CTD data
23SIG0[KG/CUM]Density
24QFQuality flag for CTD data
25SAMPNOSample number
26QFBottle quality flag
: MR12-03
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
  1. データの品質評価は、以下の機関が実施しました。
  2. DATA_ID Name
    CTDTMPJAMSTEC-DMO
    CTDSALJAMSTEC-DMO
    SALNTYJAMSTEC-DMO
    CTDOXYJAMSTEC-DMO
    PI : PI(Principal Investigator)によって品質評価が行われた。
    DMO : JAMSTEC DMOによって品質評価が行われた。
  3. JAMSTEC DMO 品質管理
  4. 1. 緯度経度、時間、水深チェック(観測点の緯度経度、観測時間、観測点の水深に記入ミスがないか)
    2. フラグとデータの整合性チェック(フラグ2(Acceptable measurement.)なのに、データは-999などがないか)
    3. プロファイル目視チェック(プロファイルを書いたときに、極度に異常なデータはないか)
  5. 品質管理フラグ
  6. データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。

関連情報

更新履歴

2015-05-29
観測データを登録しました。
2015-01-23
観測データを登録しました。
2014-08-29
観測データを登録しました。