「みらい」 MR12-05 Leg2 ボトル採水化学分析

最終更新日: 2018-01-25
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温,塩分,溶存酸素,光束透過率,蛍光光度,クロロフィル,光合成有効放射,ケイ酸塩,硝酸塩,亜硝酸塩,リン酸塩,CFC11,CFC12,CFC113,六フッ化硫黄,溶存無機炭素,アルカリ度,pH,炭素13,炭素14,セシウム134,セシウム137
:
海洋 > 海洋化学 > 溶存ガス
海洋 > 海洋化学 > 全無機炭素
海洋 > 海洋化学 > 亜硝酸
海洋 > 海洋化学 > 硝酸塩
海洋 > 海洋化学 > 栄養塩
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > pH
海洋 > 海洋化学 > リン酸塩
海洋 > 海洋化学 > 放射性炭素
海洋 > 海洋化学 > ケイ酸塩
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海洋光学 > 光合成有効放射
海洋 > 海洋化学 > アルカリ度
海洋 > 海洋化学 > 炭素
海洋 > 海洋化学 > 放射性核種
海洋 > 海洋化学 > 海洋トレーサー
海洋 > 海洋化学 > 安定同位体
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度

データのご利用にあたって

CTDTMP:内田 裕(海洋研究開発機構)
SBE35:内田 裕(海洋研究開発機構)
CTDSAL:内田 裕(海洋研究開発機構)
SALNTY:内田 裕(海洋研究開発機構)
DNSSAL:内田 裕(海洋研究開発機構)
CTDOXY:内田 裕(海洋研究開発機構)
OXYGEN:熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
XMISS:内田 裕(海洋研究開発機構)
FLUOR:内田 裕(海洋研究開発機構)
CHLORA:吉田 麿(酪農学園大学)/内田 裕(海洋研究開発機構)
PAR:内田 裕(海洋研究開発機構)
SILCAT:青山 道夫(気象研究所)
NITRAT:青山 道夫(気象研究所)
NITRIT:青山 道夫(気象研究所)
PHSPHT:青山 道夫(気象研究所)
CFC-11:佐々木 健一(海洋研究開発機構)
CFC-12:佐々木 健一(海洋研究開発機構)
CFC113:佐々木 健一(海洋研究開発機構)
SF6:佐々木 健一(海洋研究開発機構)
TCARBN:亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
ALKALI:亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
PH_TOT:亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
DELC13:熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
DELC14:熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
CS-134:熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
CS-137:熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
塩分測定装置 (オートサル)
機器名:
ガスクロマトグラフ
機器名:
栄養塩分析装置 (5ch) (MR09-02 - )
機器名:
全炭酸測定装置 (MR11-05 Leg1 - )
機器名:
溶存酸素測定用滴定装置 (MR11-06 - )
機器名:
クロロフィル測定用蛍光光度計
データの詳細については データブック をご覧下さい。
クルーズレポートの栄養塩分析の章において、標準物質の表記に誤りがありました。
詳細はレポート挿入の正誤表をご参照ください。
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温,塩分,溶存酸素,光束透過率,蛍光光度,クロロフィル,光合成有効放射,ケイ酸塩,硝酸塩,亜硝酸塩,リン酸塩,CFC11,CFC12,CFC113,六フッ化硫黄,溶存無機炭素,アルカリ度,pH,炭素13,炭素14,セシウム134,セシウム137
:
海洋 > 海洋化学 > 溶存ガス
海洋 > 海洋化学 > 全無機炭素
海洋 > 海洋化学 > 亜硝酸
海洋 > 海洋化学 > 硝酸塩
海洋 > 海洋化学 > 栄養塩
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > pH
海洋 > 海洋化学 > リン酸塩
海洋 > 海洋化学 > 放射性炭素
海洋 > 海洋化学 > ケイ酸塩
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海洋光学 > 光合成有効放射
海洋 > 海洋化学 > アルカリ度
海洋 > 海洋化学 > 炭素
海洋 > 海洋化学 > 放射性核種
海洋 > 海洋化学 > 海洋トレーサー
海洋 > 海洋化学 > 安定同位体
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
49NZ20121128_hy1.csv
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC

DATA Format

カラム番号項目名単位表示形式説明
1EXPOCODEA14ExpoCode
2SECTA6Section ID
3STNNBRA6Station Number
4CASTNOI3Cast Number
5SAMPNOA7Sample Number
6BTLNBRA7Bottle Number
7BTLNBR_FLAG_WI1Bottle quality flags
8DATEI8Cast date
9TIMEUTCI4Cast time
10LATITUDEDEGF8.4-
11LONGITUDEDEGF9.4-
12DEPTHMETERSI5Bottom depth
13CTDPRSDBARF9.1Pressure
14CTDPRS_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
15CTDTMPITS-90F9.4Temperature
16CTDTMP_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
17SBE35ITS-90F10.5Temperature from Deep Ocean Standards Thermometer
18SBE35_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
19CTDSALPSS-78F9.4Salinity
20CTDSAL_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
21SALNTYPSS-78F9.4Bottle Salinity
22SALNTY_FLAG_WI1Quality flags for water samples
23DNSSALG/KGF9.4Quality-controlled density salinity data
24DNSSAL_FLAG_WI1Quality flags for water samples
25CTDOXYUMOL/KGF9.2Oxygen_CTD
26CTDOXY_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
27OXYGENUMOL/KGF9.2Oxygen
28OXYGEN_FLAG_WI1Quality flags for water samples
29XMISS%TRANSF9.3Transmissometer
30XMISSCP/METERF9.4Beam attenuation coefficient
31XMISS_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
32FLUORMG/CUMF9.3Fluorescence
33FLUOR_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
34CHLORAMG/CUMF9.2Chlorophyll a
35CHLORA_FLAG_WI1Quality flags for water samples
36PARUE/SQM/SF9.3PAR
37PAR_FLAG_WI1Quality flags for CTD data
38SILCATUMOL/KGF9.2Silicate
39SILCAT_FLAG_WI1Quality flags for water samples
40SILUNCUMOL/KGF9.2Uncertainty of Silicate data
41NITRATUMOL/KGF9.2Nitrate
42NITRAT_FLAG_WI1Quality flags for water samples
43NRAUNCUMOL/KGF9.2Uncertainty of Nitrate data
44NITRITUMOL/KGF9.2Nitrite
45NITRIT_FLAG_WI1Quality flags for water samples
46NRIUNCUMOL/KGF9.2Uncertainty of Nitrite data
47PHSPHTUMOL/KGF9.2Phosphate
48PHSPHT_FLAG_WI1Quality flags for water samples
49PHPUNCUMOL/KGF9.2Uncertainty of Phosphate data
50CFC-11PMOL/KGF9.3Freon-11TM
51CFC-11_FLAG_WI1Quality flags for water samples
52CFC-12PMOL/KGF9.3Freon-12TM
53CFC-12_FLAG_WI1Quality flags for water samples
54CFC113PMOL/KGF9.3Freon-113TM
55CFC113_FLAG_WI1Quality flags for water samples
56SF6FMOL/KGF9.3Sulfur Hexifluoride
57SF6_FLAG_WI1Quality flags for water samples
58TCARBNUMOL/KGF9.1Total Carbon CT
59TCARBN_FLAG_WI1Quality flags for water samples
60ALKALIUMOL/KGF9.1Total alkalinity
61ALKALI_FLAG_WI1Quality flags for water samples
62PH_TOTF9.4pH referred to total scale
63PH_TMPDEG CI9Temperature to be reported if pH is reported
64PH_TOT_FLAG_WI1Quality flags for water samples
65DELC13/MILLEF9.3Carbon 13
66DELC13_FLAG_WI1Quality flags for water samples
67C13ERR/MILLEF9.3DELC13 Error
68DELC14/MILLEF9.1Carbon 14
69DELC14_FLAG_WI1Quality flags for water samples
70C14ERR/MILLEF9.1DELC14 Error
71CS-134MBQ/KGF9.3Cesium 134
72CS-134_FLAG_WI1Quality flags for water samples
73CS134ERMBQ/KGF9.3Expected error
74CS-137MBQ/KGF9.3Cesium 137
75CS-137_FLAG_WI1Quality flags for water samples
76CS137ERMBQ/KGF9.3Expected error
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
  1. データの品質評価は、以下の機関が実施しました。
  2. DATA_ID Name
    CTDTMPPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    SBE35PI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    CTDSALPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    SALNTYPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    DNSSALPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    CTDOXYPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    OXYGENPI : 熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
    XMISSPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    FLUORPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    CHLORAPI : 吉田 麿(酪農学園大学)/内田 裕(海洋研究開発機構)
    PARPI : 内田 裕(海洋研究開発機構)
    SILCATPI : 青山 道夫(気象研究所)
    NITRATPI : 青山 道夫(気象研究所)
    NITRITPI : 青山 道夫(気象研究所)
    PHSPHTPI : 青山 道夫(気象研究所)
    CFC-11PI : 佐々木 健一(海洋研究開発機構)
    CFC-12PI : 佐々木 健一(海洋研究開発機構)
    CFC113PI : 佐々木 健一(海洋研究開発機構)
    SF6PI : 佐々木 健一(海洋研究開発機構)
    TCARBNPI : 亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
    ALKALIPI : 亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
    PH_TOTPI : 亀山 宗彦(北海道大学)/村田 昌彦(海洋研究開発機構)
    DELC13PI : 熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
    DELC14PI : 熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
    CS-134PI : 熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
    CS-137PI : 熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)
    PI : PI(Principal Investigator)によって品質評価が行われた。
    DMO : JAMSTEC DMOによって品質評価が行われた。
  3. JAMSTEC DMO 品質管理
  4. 1. 緯度経度、時間、水深チェック(観測点の緯度経度、観測時間、観測点の水深に記入ミスがないか)
    2. フラグとデータの整合性チェック(フラグ2(Acceptable measurement.)なのに、データは-999などがないか)
    3. プロファイル目視チェック(プロファイルを書いたときに、極度に異常なデータはないか)
  5. 品質管理フラグ
  6. データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。

関連情報

更新履歴

2018-01-25
観測データを登録しました。
2017-04-11
観測データを登録しました。
2015-05-31
観測データを登録しました。