「みらい」 MR12-05 Leg2 溶存メタン濃度・炭素安定同位体比、溶存亜酸化窒素濃度・窒素酸素安定同位体比

最終更新日: 2018-01-23
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
海水サンプル中のメタン濃度・炭素安定同位体比、溶存亜酸化窒素濃度・窒素酸素安定同位体比。定量には独自で準備した濃度・同位体比既知の標準気体(メタン:濃度 111 ppm δ13C -35.21‰ vs. VPDB; 亜酸化窒素:濃度 135 ppm、 δ15N -1.9‰ vs. air N2、δ18O +33.3‰ vs. VSMOW)を用いた。

データのご利用にあたって

亀山 宗彦(北海道大学大学院地球環境科学研究院)
データ責任者に使用の許可を申請すること。
データ使用時にデータ責任者に相談すること。
機器名:
パージ&トラップ抽出装置+安定同位体質量分析計
機器の概要:
パージ&トラップ法を用いた全自動抽出装置と安定同位体質量分析計(Finnigan MAT 252; Thermo Fisher Scientific)を連結させた装置。
参考文献:Hirota et al. (2010), Rapid Commun. Mass Spectrom., 24: 1085–1092
海水サンプル
データファイルに記載
.csv形式、カラム左から「サンプル名」「採取年」「採取月」「採取日」「採取時間」「緯度」「緯度(南北)」「経度」「経度(東西)」「水深(m)」「メタン濃度(nmol/kg)」「メタン炭素安定同位体比(‰)」「亜酸化窒素濃度(nmol/kg)」「亜酸化窒素窒素安定同位体比(‰)」「亜酸化窒素酸素安定同位体比(‰)」である。
: MR12-05 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR12-5_CH4N2Odata.csv

関連情報

更新履歴

2018-01-23
観測データを登録しました。
2015-02-28
観測データを登録しました。