「みらい」 MR12-E03 ボトル採水化学分析

最終更新日: 2018-01-25
: MR12-E03
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温,塩分,溶存酸素,光束透過率,蛍光光度,光合成有効放射,ケイ酸塩,硝酸塩,亜硝酸塩,リン酸塩,アンモニウム塩,溶存無機炭素,アルカリ度,粒状有機炭素,クロロフィル,ポテンシャル水温,密度
:
海洋 > 海洋化学 > アンモニア
海洋 > 海洋化学 > 全無機炭素
海洋 > 海洋化学 > 亜硝酸
海洋 > 海洋化学 > 硝酸塩
海洋 > 海洋化学 > 栄養塩
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > リン酸塩
海洋 > 海洋化学 > ケイ酸塩
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
海洋 > 海洋光学 > 光合成有効放射
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 一次生産
海洋 > 海洋化学 > アルカリ度
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成
海洋 > 海洋化学 > 炭素
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

データのご利用にあたって

CTDTMP :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
SBE35 :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
CTDSAL :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
SALNTY :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
CTDOXY :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
OXYGEN :西野 茂人(海洋研究開発機構)
FLUOR :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
CHLWELSH :平譯 亨(北海道大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
SIZECHL :平譯 亨(北海道大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
PAR :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
XMISS :菊地 隆(海洋研究開発機構)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
SILCAT :青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
NITRAT :青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
NITRIT :青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
PHSPHT :青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
NH4 :青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
TCARBN :西野 茂人(海洋研究開発機構)
ALKALI :西野 茂人(海洋研究開発機構)
d-POC :西野 茂人(海洋研究開発機構)/平譯 亨(北海道大学)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
塩分測定装置 (オートサル)
機器名:
栄養塩分析装置 (5ch) (MR09-02 - )
機器名:
全炭酸測定装置 (MR11-05 Leg1 - )
機器名:
生物生産量測定用質量分析装置
機器名:
溶存酸素測定用滴定装置 (MR11-06 - )
機器名:
クロロフィル測定用蛍光光度計

本航海のデータ使用の際は、下記クルーズレポートの引用か謝辞等に首席研究者及び各観測項目の責任者を含めてくださるようお願いします。

Kikuchi, T., 2012, R/V Mirai Cruise Report MR12-E03, edited by T. Kikuchi and S. Nishino, 190pp., JAMSTEC, Yokosuka, Japan.

首席研究者
菊地 隆
独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC)
神奈川県横須賀市夏島町2-15
Tel: 046-867-9486, Fax: 046-867-9437
E-mail: takashik @ jamstec.go.jp

CTDの責任者
菊地 隆 (JAMSTEC)
西野 茂人 (JAMSTEC)

Bottle Salinityの責任者
菊地 隆 (JAMSTEC)
西野 茂人 (JAMSTEC)

Bottle oxygenの責任者
西野 茂人 (JAMSTEC)

Nutrientsの責任者
青山 道夫 (JAMSTEC/福島大学)
西野 茂人 (JAMSTEC)

Total inorganic carbon, total alkalinityの責任者
西野 茂人 (JAMSTEC)

Chlorophyll aの責任者
平譯 享 (北海道大学)
西野 茂人 (JAMSTEC)

Carbon uptake rate (Primary productivity)の責任者
西野 茂人 (JAMSTEC)
平譯 享 (北海道大学)

また、本航海は、文部科学省が行なう「グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス」(GRENE)事業北極気候変動分野(代表機関:国立極地研究所)の共同研究として実施された旨の記載もお願いします。

 (1) 水温センサー
     モデル             :  SBE3, Sea-Bird Electronics, Inc.
     測定範囲           :  -5.0 to +35degC
     確からしさ         :  0.001degC
     分解能             :  0.0002degC

 (2) 塩分センサー
     モデル             :  SBE4, Sea-Bird Electronics, Inc.
     測定範囲           :  0.0 to 7S/m
     確からしさ         :  0.0003S/m
     分解能             :  0.00004S/m

 (3) 圧力センサー
     モデル             :  SBE9plus, Sea-Bird Electronics, Inc.
     測定範囲           :  up to 10500m
     確からしさ         :  0.015%F.S.
     分解能             :  0.001%F.S.
 (4) 溶存酸素センサー
     モデル             :  SBE43, Sea-Bird Electronics, Inc.
     測定範囲           :  120% of surface saturation
     確からしさ         :  2% of saturation

 (5) 透過度センサー
     モデル             :  C-Star, WET Labs, Inc.
     線形性             :  99% R2

 (6) フルオロメーター
     モデル             :  Seapoint Sensors, Inc.
     測定範囲           :  0-5ug/L
     分解能             :  0.02ug/L

 (7) PARセンサー
     モデル             :  Satlantic, Inc.
     測定範囲           :  0-5000μmol photons m-2 s-1
     確からしさ         :  5%

 (8) 高精度水温センサー
     モデル             :  SBE35, Sea-Bird Electronics, Inc.
     測定範囲           :  -5.0 to +35degC
     確からしさ         :  0.001degC
     分解能             :  0.000025degC


1. 溶存酸素 
 (1) 機器 : Burette: APB-510 manufactured by Kyoto Electronic Co. Ltd. / 10 cm3 of titration vessel
               Detector and Software: Automatic photometric titrator manufactured by Kimoto Electronic Co. Ltd
 (2) 方法 : Winkler method/photometric methods
 (3) 精度 : 0.12 umol kg-1
 (4) 標準物質/校正 : 0.001667M KIO3 solution
 
 2. 塩分 
 (1) 機器 : Autosal salinometer model 8400B (Guildline Instruments Ltd.)
 (2) 方法 : -
 (3) 精度 : 0.006 (depth<200db), 0.0003 (depth>200db)
 (4) 標準物質/校正 : IAPSO Standard Sea Water batch P153 (Ocean Scientific International Ltd.)
 
 3. ケイ酸塩
 (1) 機器 : QuAAtro
 (2) 方法 : Molybdenum blue method
 (3) 精度 : C.V. 0.12%
 (4) 標準物質/校正 : RMNS [Aoyama and Hydes, 2010; Sato et al., 2010]
                     Silicate standard solution, the silicate primary standard, was obtained from Merck, Ltd.
                     This standard solution, traceable to SRM from NIST, was 1000 mg per litter.

 4. 硝酸塩
 (1) 機器 : QuAAtro 
 (2) 方法 : Diazotization method (reduced to nitrite by Cd - Cu tube)
 (3) 精度 : C.V. 0.12%
 (4) 標準物質/校正 : KNO3 solution and RMNS [Aoyama and Hydes, 2010; Sato et al., 2010]
 
 5. 亜硝酸塩
 (1) 機器 : QuAAtro
 (2) 方法 : Diazotization method
 (3) 精度 : C.V. 0.21%
 (4) 標準物質/校正 : NaNO2 solution and RMNS [Aoyama and Hydes, 2010; Sato et al., 2010]
 
 6. リン酸塩
 (1) 機器 : QuAAtro
 (2) 方法 : Molybdenum blue method
 (3) 精度 : C.V. 0.19%
 (4) 標準物質/校正 : KH2PO4 solution and RMNS [Aoyama and Hydes, 2010; Sato et al., 2010]
 
 7. アンモニウム塩
 (1) 機器 : QuAAtro
 (2) 方法 : Indophenol method/gas diffusion method (GDM)
 (3) 精度 : C.V. 0.39%
 (4) 標準物質/校正 : (NH4)2SO4 solution

 8. 全アルカリ度
 (1) 機器 : Spectrophotometry using a custom-made system (Nippon ANS, Inc.)
            The system comprises of a water dispensing unit and a spectrophotometer (Cary 50 Scan, Varian)
 (2) 方法 : Single step acid additional procedure/spectrophotometry
 (3) 精度 : 0.57 umol kg-1
 (4) 標準物質/校正 : Na2CO3 solution and the CRM provided by Scripps Institute of Oceanography

 9. 全炭酸
 (1) 機器 : Automated TCO2 analyzer (Nippon ANS, Inc.) equipped with carbon coulometer 3000 (UIC Inc.)
 (2) 方法 : coulometry
 (3) 精度 : 0.7 umol kg-1
 (4) 標準物質/校正 : The CRM provided by Scripps Institute of Oceanography

10. クロロフィル a (Welschmeyer method)
 (1) 機器 : Fluorophotometer model 10-AU-005 (Turner design)
 (2) 方法 : Extract in N,N-dimethylformamide /fluorometric determination (Welschmeyer non-acidification method)
 (3) 精度 : -
 (4) 標準物質/校正 : Pure chlorophyll a (Sigma chemical Co.)

11. 炭素取り込み速度 (疑似現場法)
 (1) 機器 : ANCA-NT SYSTEM (Europa Scientific Ltd.)
 (2) 方法 : Stable 13C isotope method [Hama et al., 1983]
 (3) 精度 : -
 (4) 標準物質/校正 : -
クルーズレポートの栄養塩分析の章において、標準物質の表記に誤りがありました。
詳細はレポート挿入の正誤表をご参照ください。
: MR12-E03
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温,塩分,溶存酸素,光束透過率,蛍光光度,光合成有効放射,ケイ酸塩,硝酸塩,亜硝酸塩,リン酸塩,アンモニウム塩,溶存無機炭素,アルカリ度,粒状有機炭素,クロロフィル,ポテンシャル水温,密度
:
海洋 > 海洋化学 > アンモニア
海洋 > 海洋化学 > 全無機炭素
海洋 > 海洋化学 > 亜硝酸
海洋 > 海洋化学 > 硝酸塩
海洋 > 海洋化学 > 栄養塩
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > リン酸塩
海洋 > 海洋化学 > ケイ酸塩
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 海水温 > 水温
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
海洋 > 海洋光学 > 光合成有効放射
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 一次生産
海洋 > 海洋化学 > アルカリ度
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成
海洋 > 海洋化学 > 炭素
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度
海洋 > 海水温 > ポテンシャル水温

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR12E0320121101015118_rev.csv
: MR12-E03
: Processed (PI)
: JAMSTEC

Data Format

カラム番号項目名単位表示形式説明
1EXPOCODE - A14ExpoCode
2STNNBR - -Station Number
3CASTNO:METAVAR - I1Cast Number
4SAMPNO:METAVAR - -Sample Number
5BTLNBR - -Bottle Number
6 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
7DATE UTC A10Cast date
8TIMEUTC-Cast time
9LATITUDEDEG--
10LONGITUDEDEG--
11DEPTH:METAVAR M -Bottom depth
12CTDPRSDBAR-Pressure
13 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
14CTDDPT M -Depth
15CTDTMPITS-90-Temperature (primary sensor)
16 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
17CTDTMP_1ITS-90-Temperature (secondary sensor)
18 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
19CTDSALPSS-78-Salinity (primary sensor)
20 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
21CTDSAL_1PSS-78-Salinity (secondary sensor)
22 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
23CTDCND S/m -Conductivity (primary sensor)
24CTDCND_1 S/m -Conductivity (secondary sensor)
25CTDOXYUMOL/KG-Oxygen_CTD (primary sensor)
26 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
27CTDOXY_1UMOL/KG-Oxygen_CTD (secondary sensor)
28 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
29CTDOXVV-Oxygen_CTD voltage (primary sensor)
30CTDOXV_1V-Oxygen_CTD voltage (secondary sensor)
31THETADEG C-Potential temperature (primary sensor)
32THETA_1DEG C-Potential temperature (secondary sensor)
33SIG0KG/CUM-Density (primary sensor)
34 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
35SIG0_1KG/CUM-Density (secondary sensor)
36 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
37XMISS%TRANS-Transmissometer
38 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
39XMISSVV-Transmissometer voltage
40FLUOR UG/L -Fluorescence
41 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
42PAR umol photons/m^2/s -PAR
43 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
44SBE35ITS-90-Temperature from Deep Ocean Standards Thermometer
45 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
46SALNTYPSS-78-Bottle Salinity
47 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
48SALNTY_1PSS-78-Bottle Salinity (duplicate)
49 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
50OXYGENUMOL/KG-Oxygen
51 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
52OXYGEN_1UMOL/KG-Oxygen (duplicate)
53 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
54TCARBNUMOL/KG-Total Carbon CT
55 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
56TCARBN_1UMOL/KG-Total Carbon CT (duplicate)
57 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
58ALKALIUMOL/KG-Total alkalinity
59 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
60ALKALI_1UMOL/KG-Total alkalinity (duplicate)
61 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
62NITRAT1UMOL/KG-Nitrate
63 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
64NITRIT1UMOL/KG-Nitrite
65 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
66SILCAT1UMOL/KG-Silicate
67 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
68PHSPHT1UMOL/KG-Phosphate
69 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
70AMMONIA1UMOL/KG-Ammonium
71 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
72NITRAT2UMOL/KG-Nitrate (duplicate)
73 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
74NITRIT2UMOL/KG-Nitrite (duplicate)
75 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
76SILCAT2UMOL/KG-Silicate (duplicate)
77 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
78PHSPHT2UMOL/KG-Phosphate (duplicate)
79 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
80AMMONIA2UMOL/KG-Ammonium (duplicate)
81 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
82NITRAT_AVEUMOL/KG-Nitrate (average)
83 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
84NITRIT_AVEUMOL/KG-Nitrite (average)
85 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
86SILCAT_AVEUMOL/KG-Silicate (average)
87 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
88PHSPHT_AVEUMOL/KG-Phosphate (average)
89 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
90AMMONIA_AVEUMOL/KG-Ammonium (average)
91 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
92d-POC_C1 mgC/m3/day -Carbon uptake rate
93 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
94d-POC_C2 mgC/m3/day -Carbon uptake rate (duplicate)
95 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
96CHLWELUG/L-Chlorophyll a
97 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
98CHLWEL_1UG/LI4Chlorophyll a (duplicate)
99 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
100SIZECHLUG/L-Chlorophyll a > 20um
101 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
1021SIZECHLUG/L-Chlorophyll a 10-20um
103 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
1042SIZECHLUG/L-Chlorophyll a 5-10um
105 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
1063SIZECHLUG/L-Chlorophyll a 2-5um
107 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
1084SIZECHLUG/L-Chlorophyll a < 2um
109 QV:WOCEBOTTLE - I1 Flag of the data on the left column
: MR12-E03
: Processed (PI)
: JAMSTEC
  1. データの品質評価は、以下の機関が実施しました。
  2. DATA_ID Name
    CTDTMPPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    SBE35PI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    CTDSALPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    SALNTYPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    CTDOXYPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    OXYGENPI : 西野 茂人(海洋研究開発機構)
    FLUORPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    CHLWELSHPI : 平譯 亨(北海道大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    SIZECHLPI : 平譯 亨(北海道大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    PARPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    XMISSPI : 菊地 隆/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    SILCATPI : 青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    NITRATPI : 青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    NITRITPI : 青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    PHSPHTPI : 青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    NH4PI : 青山 道夫(海洋研究開発機構/福島大学)/西野 茂人(海洋研究開発機構)
    TCARBNPI : 西野 茂人(海洋研究開発機構)
    ALKALIPI : 西野 茂人(海洋研究開発機構)
    d-POCPI : 西野 茂人(海洋研究開発機構)/平譯 亨(北海道大学)
    PI : PI(Principal Investigator)によって品質評価が行われた。
    DMO : JAMSTEC DMOによって品質評価が行われた。
  3. JAMSTEC DMO 品質管理
  4. 1. 緯度経度、時間、水深チェック(観測点の緯度経度、観測時間、観測点の水深に記入ミスがないか)
    2. フラグとデータの整合性チェック(フラグ2(Acceptable measurement.)なのに、データは-999などがないか)
    3. プロファイル目視チェック(プロファイルを書いたときに、極度に異常なデータはないか)
  5. 品質管理フラグ
  6. データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。

関連情報

更新履歴

2018-01-25
観測データを登録しました。
2015-06-30
観測データを登録しました。