「みらい」 MR13-06 Leg1 気象ドップラーレーダー

最終更新日: 2015-10-10
: MR13-06 Leg1
: Processed (DMO)-Corrected
: JAMSTEC
: 反射強度, ドップラー速度
:
大気 > 降水
大気 > 雲
大気 > 風
スペクトル/工学 > レーダー > ドップラー速度
スペクトル/工学 > レーダー > レーダー反射強度

データのご利用にあたって

情報管理部署
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。

2013-08-29 04:59 – 2013-10-07 15:00

機器名:
ドップラーレーダー(- MR14-02)
「みらいドップラーレーダーデータセット」は、海洋地球研究船「みらい」で取得されたドップラーレーダーデータ(反射強度、ドップラー速度)について、それぞれに必要なフィルタ処理を行った上で、直交座標系に内挿処理したデータセットである。 データセットには、複数の仰角のドップラーモードPPI(Plan Position Indicator)スキャンを合成して3次元直交座標系(水平201km四方、高度0-20km)に変換したvolume scanデータと、最低仰角の強度モードPPIスキャンを2次元直交座標系(水平601km四方)に変換したsurveillance scanデータの2種類がある。
この処理方法は、JAMSTEC 地球環境変動領域 熱帯気候変動研究プログラム MJO発生・発達過程研究チーム 勝俣研究員とDMO(Data Management Office)との共同で作成されたものである。実際のデータ処理はDMOで行った。処理方法の詳細は「Data Processing」を参照のこと。
ドップラーレーダー型式: RC-52B (Mitsubishi Electric Co. Ltd., Japan)
設置位置(海面高度): 18m
周波数: 5290MHz(Cバンド)
尖頭出力: 250kW *1
ビーム幅: 1.5度以下
慣性航法装置 型式: PHINS (IXSEA SAS, France)
信号処理システム: RVP-7 (Vaisala Inc. Sigmet Product Line, USA)
データ収録ソフトウェア: IRIS ver. 8.12.5 (Vaisala Inc. Sigmet Product Line, USA)

観測パラメータ
Surveillance scan Volume scan
Pulse width [μs] 2.0 0.5
Scan speed [deg/sec] 18 18
PRF*2 [Hz] 260 900 / 720*3
Sweep integration 32 samples 50 samples
Ray spacing [deg] about 1.0 about 1.0
Bin spacing [m] 250 250
Elevations [deg] 0.5 0.5, 1.0, 1.5, 2.1, 2.8, 3.5, 4.3, 5.1, 5.9, 6.8, 7.6, 8.5, 9.4, 10.4, 11.5, 12.7, 14.0, 15.5, 16.8, 18.8, 21.3
Range [km] 300 160
Scan interval 30 min*4 10 min
*1 注意事項(1)を参照。
*2 Pulse Repetition Frequency
*3 本航海ではDualPRF観測をおこなっており、ドップラー速度の折り返し補正を適用している。
*4 本サイトでは1時間毎のデータを公開している。
Raw Dataデータが必要な場合は上記「お問い合わせ」よりご連絡ください。
1) 送信系トラブルのため、以下の期間はSurveillance Scan時の送信出力を230kWに下げて運用している。
2013/09/19 00:59 - 2013/10/07 15:00
2) システムトラブルのため、以下の期間はSurveillance Scanのデータを取得していない。
2013/09/12 05:59 - 2013/09/15 04:30
2013/09/18 21:29 - 2013/09/18 22:30
2013/09/18 23:29 - 2013/09/19 00:30
2013/10/05 06:29 - 2013/10/07 15:00
3) 送信系トラブルのため、以下の期間はのVolume Scan dataは無効。
2013/09/18 21:30 - 2013/09/18 22:49
2013/10/05 06:30 - 2013/10/05 07:19
: MR13-06 Leg1
: Processed (DMO)-Corrected
: JAMSTEC
: 反射強度, ドップラー速度
:
大気 > 降水
大気 > 雲
大気 > 風
スペクトル/工学 > レーダー > ドップラー速度
スペクトル/工学 > レーダー > レーダー反射強度

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
20130829.zip
20130830.zip
20130831.zip
20130901.zip
20130902.zip
20130903.zip
20130904.zip
20130905.zip
20130906.zip
20130907.zip
20130908.zip
20130909.zip
20130910.zip
20130911.zip
20130912.zip
20130913.zip
20130914.zip
20130915.zip
20130916.zip
20130917.zip
20130918.zip
20130919.zip
20130920.zip
20130921.zip
20130922.zip
20130923.zip
20130924.zip
20130925.zip
20130926.zip
20130927.zip
20130928.zip
20130929.zip
20130930.zip
20131001.zip
20131002.zip
20131003.zip
20131004.zip
20131005.zip
20131006.zip
20131007.zip
: MR13-06 Leg1
: Processed (DMO)-Corrected
: JAMSTEC

Doppler DMO

公開データは、リトルエンディアン、4バイト浮動小数点で書き込まれたGrADS (Grid Analysis and Display System) バイナリ形式になっている。
格子間隔は、水平方向・鉛直方向とも1kmである。ただし、ビーム幅・ビーム間隔等の要因により、レーダーからの距離や高度に応じてデータの精度が低下することに留意する必要がある。
格子数は、
  • Volume scan:東西201格子、南北201格子、鉛直21層(0-20km)
  • Surveillance scan (range 300km):東西601格子、南北601格子、鉛直1層
  • Surveillance scan (range 200km):東西401格子、南北401格子、鉛直1層
それぞれ、領域中心の格子が「みらい」の位置に対応する。
データのない格子には-999.0が格納されている。
各データに対応するコントロールファイルは、以下の通りである。
  • Volume scan
  • DSET ^Mirai_VS_%y4%m2%d2-%h2%n2.dat
    OPTIONS TEMPLATE
    UNDEF -999.0
    XDEF 201 LINEAR -100.0 1.0
    YDEF 201 LINEAR -100.0 1.0
    ZDEF 21 LINEAR 0.0 1.0
    TDEF X LINEAR HH:MMZDDMMMYYYY XXmn
    VARS 4
    z 21 99 reflectivity
    v 21 99 doppler velocity
    dlat 1 99 latitude
    dlon 1 99 longitude
    ENDVARS  
  • Surveillance scan (range 300km)
  • DSET ^Mirai_Z_%y4%m2%d2-%h2%n2.dat
    OPTIONS TEMPLATE
    UNDEF -999.0
    XDEF 601 LINEAR -300.0 1.0
    YDEF 601 LINEAR -300.0 1.0
    ZDEF 1 LINEAR 0.0 1.0
    TDEF X LINEAR HH:MMZDDMMMYYYY 1hr
    VARS 3
    z 1 99 reflectivity
    dlat 1 99 latitude
    dlon 1 99 longitude
    ENDVARS  
  • Surveillance scan (range 200km)
  • DSET ^Mirai_Z_%y4%m2%d2-%h2%n2.dat
    OPTIONS TEMPLATE
    UNDEF -999.0
    XDEF 401 LINEAR -200.0 1.0
    YDEF 401 LINEAR -200.0 1.0
    ZDEF 1 LINEAR 0.0 1.0
    TDEF X LINEAR HH:MMZDDMMMYYYY 1hr
    VARS 3
    z 1 99 reflectivity
    dlat 1 99 latitude
    dlon 1 99 longitude
    ENDVARS  
要素名と内容、単位は、以下の通りである。
要素名 内容 単位
z 反射強度 dBZ
v ドップラー速度 m/s (遠ざかる:+, 近づく:-)
dlat 緯度 deg (N:+, S:-)
dlon 経度 deg (E, 0-360)
GrADSについての詳細は、 http://www.iges.org/grads/ を参照のこと。

関連情報

更新履歴

2015-10-10
観測データを登録しました。