「みらい」 MR13-06 Leg2 水温塩分連続測定装置

最終更新日: 2015-06-30
: MR13-06 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, 蛍光光度, クロロフィル
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > 海面水温
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度

データのご利用にあたって

西野 茂人(海洋研究開発機構)
内田 裕(海洋研究開発機構)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
表層海水連続分析装置 (MR10-04 Leg1 - MR14-02)
1. 位置データ(緯度・経度)の欠損は線形補間を行った。
2. 3点のデータの中央値からのずれが閾値(水温0.1℃、塩分0.5)以上になった場合、そのデータは中央値を用いた。
3. フルオロメータのデータは、3点のデータ分のウインドウでのメディアン・フィルターを適用した。
4. RINKOとフルオロメータのデータは、15点のデータ分のウインドウでのハミング・フィルターを適応した。
5. 塩分と酸素のデータは、採水したデータを用いて以下の方法で補正した。
    Corrected Salinity = c0 + c1*S + c2*day
    Corrected Oxygen = d0 + d1*O + d2*T + d3*day
    ここで、Sは未補正の塩分、Oは未補正の溶存酸素、dayは最初のデータからの日数、Tは水温を表す。
     c0 = -2.218852110167374e-05
     c1 = 1.000000743992938
     c2 = 1.640447579659283e-07
     d0 = -3.907105265717067e-03
     d1 = 1.000010222747963
     d2 = 1.636945033157210e-04
     d3 = -1.893198797950931e-05
6. Chlorophyll-aは、採水したデータを用いて以下の方法で見積もった。
    Estimated chlorophyll-a = e0 + e1*Fl (for latitude <= 60 degrees N)
               = e0 + e2*Fl (for latitude >= 61 degrees N)
               = f1*(e0 + e1*Fl) + f2*(e0 + e2*Fl) (for 60 degrees N < latitude< 61 degrees N)
    ここで、Flは fluorescence。
     e0 = -0.1840612815216757
     e1 = 9.175157969077005e-02
     e2 = 0.2013011478381347
     f1 = 1 - (latitude - 60)
     f2 = 1 - f1
本航海のデータ使用の際は、下記クルーズレポートの引用か謝辞等に首席研究者及び各観測項目の責任者を含めてくださるようお願いします。

Nishino, S., 2013, R/V Mirai Cruise Report MR13-06, edited by S. Nishino, 226pp., JAMSTEC, Yokosuka, Japan.

首席研究者
西野 茂人
独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC)
神奈川県横須賀市夏島町2-15
Tel: 046-867-9486, Fax: 046-867-9437
E-mail: takashik @ jamstec.go.jp

本データ (TSGデータ)の責任者
西野 茂人 (JAMSTEC)
内田 裕 (JAMSTEC)

また、本データは、独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC)と文部科学省が行なう「グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス」(GRENE)事業北極気候変動分野(代表機関:国立極地研究所)が共同で取得したものである旨の記載もお願いします。
: MR13-06 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
: 水温, 塩分, 溶存酸素, 蛍光光度, クロロフィル
:
海洋 > 海洋化学 > 酸素
海洋 > 海洋化学 > 塩分
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
海洋 > 塩分/密度 > 塩分
海洋 > 海水温 > 海面水温
海洋 > 海洋光学 > 蛍光光度

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
49NZ20131009_tsg.csv
: MR13-06 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC

DATA Format

カラム番号項目名単位表示形式説明
1EXPOCODEA12航海コード
2DATEI8年月日(YYYYMMDD)
3TIMEUTCI4時間(HHMM)
4LATITUDEDEGF10.5緯度
5LONGITUDEDEGF10.5経度
6SPEEDKNOTF6.1船速
7FLOWL/MINF6.1流量
8INTAKE-TEMPERATUREITS-90F9.4船底温度(SBE 38)
9INTAKE-TEMPERATURE_FLAGI1下記のフラグ参照
10TSG-TEMPERATUREITS-90F9.4TSG センサー 温度 (SBE 45)
11TSG-TEMPERATURE_FLAGI1下記のフラグ参照
12TSG-SALINITYPSS-78F9.4 TSG センサー 塩分 (SBE 45)
13TSG-SALINITY_FLAGI1下記のフラグ参照
14SALINITYPSS-78F9.4試水の塩分
15SALINITY_FLAGI1下記のフラグ参照
16TSG-OXYGENUMOL/KGF9.2TSG センサー 酸素 (RINKO-II)
17TSG-OXYGEN_FLAGI1下記のフラグ参照
18OXYGENUMOL/KGF9.2試水の酸素
19OXYGEN_FLAGI1下記のフラグ参照
20FLUORESCENCERFUF9.2フルオロメーター C3 (Primary)
21FLUORESCENCE_FLAGI1下記のフラグ参照
22TSG-CHLOROPHYLL-AMG/CUMF9.3フルオロメータより見積もった Chlorophyll-a
23TSG-CHLOROPHYLL-A_FLAGI1下記のフラグ参照
24CHLOROPHYLL-AMG/CUMF9.2試水の Chlorophyll-a
25CHLOROPHYLL-A_FLAGI1下記のフラグ参照

Flag definition

1: 未補正
2: 補正済み
3: 疑わしい測定
4: 不良測定
6: 補間
8: ローパスフィルター処理
9: 欠損 (欠損値 -999)

関連情報

更新履歴

2015-06-30
観測データを登録しました。
2014-10-08
観測データを登録しました。
2014-05-20
観測データを登録しました。