「みらい」 MR15-03 Leg2 放射性セシウム

最終更新日: 2018-01-23
: MR15-03 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
(1) 機器:ゲルマニウム半導体検出器、Well-type GCW2022-7915-30-ULB, Canberra Industries, Inc.
(2) 方法:リンモリブデン酸アンモニウム濃縮・塩化白金酸塩化後に、ゲルマニウム半導体検出器でガンマ線計測。
(3) 精度:約5%
(4) 標準物質/校正:gamma-ray volume sources (Eckert & Ziegler Isotope Products) certificated by Deutscher Kalibrierdienst (DKD)

データのご利用にあたって

熊本 雄一郎(国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球環境研究開発センター)
特になし
特になし
機器名:
ゲルマニウム半導体検出器、Well-type GCW2022-7915-30-ULB, Canberra Industries, Inc.
機器の概要:
ファイル名: Cs_datasheet_171010
Serial:サンプルID
Cruise:航海名
Station:観測点名
Sampling date (UTC):観測日(UTC)
Latitude N:北緯
Logitude E:東経
Depth (m):深度
Cs-134 (Bq/m3):セシウム134濃度
Error(Bq/m3):セシウム134濃度の測定誤差
D.L. (Bq/m3):セシウム134濃度の測定の検出下限値
Cs-137 (Bq/m3):セシウム137濃度
Error(Bq/m3):セシウム137濃度の測定誤差
D.L. (Bq/m3):セシウム137濃度の測定の検出下限値
: MR15-03 Leg2
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR15-03_Cs_datasheet_171010.xls

関連情報

更新履歴

2018-01-23
観測データを登録しました。
2017-11-30
観測データを登録しました。