「みらい」 MR15-04 光合成色素

最終更新日: 2018-09-14
: MR15-04
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
: 光合成色素
:
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成

データのご利用にあたって

勝俣 昌己(海洋研究開発機構)

JAMSTEC / BPPT joint cruise in the Indonesian waters.
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
データの引用については 注意事項 をご参照ください。
機器名:
高速液体クロマトグラフィ (MR10-04 Leg1 - )
1) 鉛直採水 : ニスキン
2) 表面海水採取方法 : バケツ
3) 採水層 : 11層
4) ろ過とろ紙 : 暗所でWhatman GF/F径47mmを用いた
5) 凍結乾燥 : ろ紙を-20℃で5時間凍結
6) 抽出試薬 : N,N-dimethylformamide (HPLC-grade)
7) 抽出時間 : -20℃で24時間以上
8) 抽出試料の保存期間 : 数日間
9) 分析場所 : みらい
10) 分析機器名 : 高速液体クロマトグラフィ (HPLC)
11) 固定相 : YMC C8 (逆相カラム), 150×4.6mm, 35℃
12) 移動相: (体積比)
溶離液A methanol : acetonitrile : aquepus pyridin (0.25M pyridine) = 50 : 25 : 25
溶離液B methanol : acetonitrile : acetone = 20 : 60 : 20
13) 測定色素 : 24種類 (詳細はcruise reportを参照して下さい)
高速液体クロマトグラフィ (HPLC: High Performance Liquid Chromatography) は、固定相 (カラム) 内の充填材との 親和力の差を利用して多種多様な成分を含む混合試料を成分毎に高速度で分離・特定・定量する装置です。キャリアー (移動相) を高圧に加圧することによって、分離能・検出感度を高くしています。
現在「みらい」では、HPLCを海水中の植物プランクトンが有する各種色素を分離・定量するために使用しています。各種色素を測定することにより、植物プランクトン群集の分類上の組成を推定することが可能です。 本航海では、Zapata et al. (2000) の手法をもとに、固定相にC8カラム (逆相カラム) を、移動相にピリジンを使用しています。C8カラムはC18カラムよりも色素の分離度が高いことが特徴です。加えて移動相にピリジンを使用することで、 植物プランクトンのもつ多様なカロテノイドやクロロフィルといった色素類を高分解能に分離することができます。
会社名 : Agilent Technologies, Inc.
形式 : Agilent1200 modular system
G1311A Quaternary pump (low-pressure mixing system)
G1329A auto-sampler
G1315D photodiode array detector
色素検出と識別
Pheophorbide a, Pheophytin a : 409nm
Chlorophyll a : 431nm
[3,8-Divinyl]-Protochlorophyllide : 440nm
Chlorophyll b : 462nm
Others : 450nm
Chlorophyll a : Sigma-Aldrich Co.
trans-β-Apo-8'-carotenal (Internal standard) : Sigma-Aldrich Co.
Other 24 pigments : DHI co.
Zapata, M., Rodriguez, F. and Garrido, J. L. (2000)
Separation of chlorophylls and carotenoids from marine phytoplankton: a new HPLC meted using a reversed phase C8 column and pyridine-containing mobile phases. Mar. Ecol. Prog. Ser., 195, 29-45.
1) 本航海では、公開しているデータの他にサイズ分画した光合成色素のデータがあります。必要な場合は上記「お問い合わせ」よりご連絡ください。
2) クルーズレポートの光合成色素の章において、標準物質の表記に誤りがありました。詳細はレポート挿入の正誤表をご参照ください。
: MR15-04
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
: 光合成色素
:
海洋 > 海洋化学 > クロロフィル
生物圏 > 海洋生態系 > プランクトン > 植物プランクトン
生物圏 > 生態系ダイナミクス > 生態系機能 > 光合成

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR15-04_hplc.csv
: MR15-04
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
MR15-04 で得られた光合成色素データシートのフォーマット情報です。データ取得のないカラムは-999としました。
MR15-04_hplc.csvに示されたカラムと項目名および説明を記します。

カラム番号項目名単位説明
1EXPOCODE-航海ID
2STNNBR-測点番号
3CASTNO-CTDキャスト番号
4SAMPNO-サンプル番号
5BTLNBR-採水したニスキンボトルの番号
6BTLNBR_FLAG_W-採水したニスキンボトルのフラグ *1
7DATEUTC採水開始日 [MM/DD/YYYY]
8TIMEUTC採水開始時刻 [HH:MM]
9LATITUDEDEG採水開始緯度 [N]
10LONGITUDEDEG採水開始経度 [E]
11DEPTHM水深
12CTDPRSDBARCTD圧力
13CTDPRS_FLAG_W-CTD圧力のフラグ *3
14CHLHPLCUG/LChlorophyll a
15CHLHPLC_FLAG_W-Chlorophyll aのフラグ *2
16CHLC3UG/LChlorophyll c3
17CHLC3_FLAG_W-Chlorophyll c3のフラグ *2
18CHLIDEAUG/LChlorophyllide a
19CHLIDEA_FLAG_W-Chlorophyllide aのフラグ *2
20MGDVPUG/L[3,8-Divinyl]-Protochlorophyllide (MgDVP)
21MGDVP_FLAG_W-[3,8-Divinyl]-Protochlorophyllide (MgDVP)のフラグ *2
22CHLC2UG/LChlorophyll c2
23CHLC2_FLAG_W-Chlorophyll c2のフラグ *2
24PERIDUG/LPeridinin
25PERID_FLAG_W-Peridininのフラグ *2
26PHIDEAUG/LPheophorbide a
27PHIDEA_FLAG_W-Pheophorbide aのフラグ *2
28BUTFUCOUG/L19'-butanoyloxyfucoxanthin
29BUTFUCO_FLAG_W-19'-butanoyloxyfucoxanthinのフラグ *2
30FUCOUG/LFucoxanthin
31FUCO_FLAG_W-Fucoxanthinのフラグ *2
32NEOUG/LNeoxanthin
33NEO_FLAG_W-Neoxanthinのフラグ *2
34PRASUG/LPrasinoxanthin
35PRAS_FLAG_W-Prasinoxanthinのフラグ *2
36HEXFUCOUG/L19'-hexanoyloxyfucoxanthin
37HEXFUCO_FLAG_W-19'-hexanoyloxyfucoxanthinのフラグ *2
38VIOLAUG/LViolaxanthin
39VIOLA_FLAG_W-Violaxanthinのフラグ *2
40DIADINOUG/LDiadinoxanthin
41DIADINO_FLAG_W-Diadinoxanthinのフラグ *2
42DINOUG/LDinoxanthin
43DINO_FLAG_W-Dinoxanthinのフラグ *2
44ALLOUG/LAlloxanthin
45ALLO_FLAG_W-Alloxanthinのフラグ *2
46DIATOUG/LDiatoxanthin
47DIATO_FLAG_W-Diatoxanthinのフラグ *2
48ZEAUG/LZeaxanthin
49ZEA_FLAG_W-Zeaxanthinのフラグ *2
50LUTUG/LLutein
51LUT_FLAG_W-Luteinのフラグ *2
52CHLBUG/LChlorophyll b
53CHLB_FLAG_W-Chlorophyll bのフラグ *2
54DCHLAUG/LDivinyl Chlorophyll a
55DCHLA_FLAG_W-Divinyl Chlorophyll aのフラグ *2
56PHYTINAUG/LPheophytin a
57PHYTINA_FLAG_W-Pheophytin aのフラグ *2
58ALPHACUG/LAlpha-carotene
59ALPHAC_FLAG_W-Alpha-caroteneのフラグ *2
60BETACUG/LBeta-carotene
61BETAC_FLAG_W-Beta-caroteneのフラグ *2

*1 採水ボトル品質管理フラグをご参照ください。
*2 品質情報をご参照ください。
*3 CTDデータ品質管理フラグをご参照ください。

: MR15-04
: Processed (DMO)-QCed
: JAMSTEC
データの品質管理について以下のようにフラグを付与しました。
品質管理フラグ

関連情報

更新履歴

2018-09-14
観測データを登録しました。
2018-01-13
観測データを登録しました。
2017-12-31
観測データを登録しました。