「みらい」 MR16-06 懸濁物質による吸光度

最終更新日: 2018-11-30
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
可視光域における全懸濁物質およびデトリタスの吸光度。採水サンプルをグラスファイバフィルターに濾過し、全懸濁粒子をフィルタ上に集積させ、その吸光度を測定した。その後、メタノールに24 - 48時間フィルタを浸し、フィルタ上の植物プランクトン色素を除いた後デトリタスの吸光度を測定した。

データのご利用にあたって

平譯 享(北海道大学)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
UV2400 (Shimadzu)
機器の概要:
各観測点、各深度で採取したサンプルについて、それぞれ1つのasciiファイルに測定波長 (nm) および吸光度 (無次元) を格納した。また濾過・測定情報の記録は'Particle_fieldnote.xlsx'を参照。
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
001_000D.ASC
001_000P.ASC
001_038D.ASC
001_038P.ASC
004_000D.ASC
004_000P.ASC
004_030D.ASC
004_030P.ASC
007_000D.ASC
007_000P.ASC
007_007D.ASC
007_007P.ASC
010_000D.ASC
010_000P.ASC
010_035D.ASC
010_035P.ASC
016_000D.ASC
016_000P.ASC
016_033D.ASC
016_033P.ASC
021_000D.ASC
021_000P.ASC
021_030D.ASC
021_030P.ASC
042_000D.ASC
042_000P.ASC
042_037D.ASC
042_037P.ASC
045_000D.ASC
045_000P.ASC
045_055D.ASC
045_055P.ASC
052_000D.ASC
052_000P.ASC
052_022D.ASC
052_022P.ASC
058_000D.ASC
058_000P.ASC
058_057D.ASC
058_057P.ASC
063_000D.ASC
063_000P.ASC
063_040D.ASC
063_040P.ASC
067_000D.ASC
067_000P.ASC
067_037D.ASC
067_037P.ASC
068_000D.ASC
068_000P.ASC
072_000D.ASC
072_000P.ASC
072_027D.ASC
072_027P.ASC
077_000D.ASC
077_000P.ASC
077_029D.ASC
077_029P.ASC
084_000D.ASC
084_000P.ASC
093_000D.ASC
093_000P.ASC
093_026D.ASC
093_026P.ASC
099_000D.ASC
099_000P.ASC
099_024D.ASC
099_024P.ASC
Particle_fieldnote.xlsx
REF0905A.ASC
REF0905B.ASC
REF0907A.ASC
REF0907B.ASC
REF0909.ASC
REF0912.ASC
REF0914.ASC
REF0916.ASC
REF0919.ASC
REF0921.ASC
REF0923.ASC
REF0924.ASC

関連情報

更新履歴

2018-11-30
観測データを登録しました。