「みらい」 MR16-06 大気エアロゾル化学成分質量濃度

最終更新日: 2018-11-30
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
「みらい」の屋上に設置したハイボリュームエアサンプラーで採取した大気エアロゾル粒子の水溶性成分の質量濃度。イオンクロマトグラフにより分析を実施。

データのご利用にあたって

竹谷 文一(JAMSTEC)
校正結果の見直しなどで、データが更新されることがある。データを利用する場合、データ責任者へのコンタクトを推奨します。
データを利用する場合、データ責任者へのコンタクトを推奨します。
本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
ハイボリュームエアサンプラー (HV-525PM、柴田科学)
機器の概要:
フィルター上にエアロゾル粒子(PM2.5)を採取(吸引流量500L/min)。船の排煙の影響を避けるため、風向風速でエアロゾル粒子の捕集を制御。
テキスト形式 (詳細はファイルヘッダーに記載)
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR1606_HV.csv

関連情報

更新履歴

2018-11-30
観測データを登録しました。