「みらい」 MR16-06 水中分光後方散乱

最終更新日: 2018-11-30
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
観測点水柱における体積散乱関数の鉛直分布を測定した。体積散乱関数の測定波長は420、442、488、510、550、676nmの6波長。また、510および676nmについては有色溶存有機物およびクロロフィルによる蛍光もそれぞれ測定している。

データのご利用にあたって

平譯 享(北海道大学)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
HydroScat6 (HOBI Labs)
機器の概要:
6波長における後方散乱、およびクロロフィルとCDOMの蛍光を観測する測器。
各観測点につき1つのascii形式。また、データ取得時の情報(日時等)は野帳ファイル'HydroScat6_fieldnote.xlsx'を参照。また、データの詳細については'HydroScat6_data_spec.xlsx'を参照。
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
1.raw
1.dat
10.dat
10.raw
11.raw
11.dat
12.raw
12.dat
13.dat
13.raw
14.raw
14.dat
15.raw
15.dat
16.raw
16.dat
17.raw
17.dat
18.raw
18.dat
2.raw
2.dat
3.dat
3.raw
4.dat
4.raw
5.raw
5.dat
6.dat
6.raw
7.dat
7.raw
8.raw
8.dat
9.dat
9.raw
HydroScat6_data_spec.xlsx
HydroScat6_fieldnote.xlsx

関連情報

更新履歴

2018-11-30
観測データを登録しました。