「みらい」 MR16-06 大気中のCO2、CH4、CO濃度

最終更新日: 2018-11-30
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
MR16-06北極圏航海期間中に実施された大気試料中のCO2、CH4およびCO濃度の連続測定の結果。コンパスデッキの右舷前方に取り付けた採取口から吸引した大気試料を電子除湿器(~2℃)とナフィオンチューブで除湿した後、分析計に導入する。3成分それぞれの濃度が異なる標準ガス3本を25時間毎に分析することで分設計の校正を実施した。データは環境研の濃度スケールに基づくものである。

データのご利用にあたって

遠嶋 康徳(国立環境研究所)
特にありません。
引用文献は特にありませんが、データ利用時にはデータ責任者に相談してください(tohjima@nies.go.jp)。

本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
キャビティリングダウン分光分析計(CRDS)
機器の概要:
波長スキャンキャビティリングダウン分光法に基づく大気中のCO2, CH4, CO, およびH2Oの分析装置。Picarro Inc., CA, USA, Model G-2401
カンマ区切りテキストデータ。データは順に、日時(UTC)、緯度(北緯)、経度(東経で表示)、CO2濃度(ppm)、標準偏差、データ数、CH4濃度(ppb)、標準偏差、データ数、CO濃度(ppb)、標準偏差、データ数。なお、各濃度は1時間平均値を表す。
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
MR16-06_CO2-CH4-CO_hourly.TXT

関連情報

更新履歴

2018-11-30
観測データを登録しました。