「みらい」 MR16-06 Spray Particle Counter (SPC) Data

最終更新日: 2019-03-01
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
コンパスデッキ中央および船橋甲板右舷においてセンサーを通過した飛沫粒子の個数を1秒間隔で32の階級で分けて計数したデータセット。データは1秒ごとに各階級の個数を記載。1日毎にタブに分かれている。階級と階級値は表で示した。2016年8月22日から2016年10月2日までの連続データ。

データのご利用にあたって

尾関 俊浩(北海道教育大学)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
飛雪粒子計数装置水しぶき仕様(SPC-S7; Niigata Denki)
機器の概要:
粒子計数装置をしぶき仕様に改造したSPC型しぶき計(SPC)は飛沫粒子の粒径分布と飛沫流量を1秒毎の高時間分解能で観測できる。センシングエリアは25mm×3mm,計測レンジは100~1000 µmである。
Excel format
: MR16-06
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

ファイル名
Bridge_Deck.zip
Compass_Deck.zip

関連情報

更新履歴

2019-03-01
観測データを登録しました。