「みらい」 MR17-05C LADCP (Lowered Acoustic Doppler Current Profiler) データ

最終更新日: 2019-09-17
: MR17-05C
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:
LADCP(Lowered Acoustic Doppler Current Profiler)を用いて、流れの水平成分を各深度ごとに計測。各ファイルのヘッダーに観測日時、観測開始時刻、観測開始時の緯度、経度等の情報を記載。公開データはmatlab上でLDEOソフト(Visbeck 2002)を用いて処理したもの。

 LADCPデータ
  出力項目は以下の通り
   ・観測深度(単位:m)
   ・東西流速(単位:m/s)
   ・南北流速(単位:m/s)
   ・エラー流速(単位:m/s)

データのご利用にあたって

川口 悠介(東京大学大気海洋研究所)
データ利用の制限については 注意事項 をご参照ください。
本航海のデータ使用の際は、下記クルーズレポートの引用か謝辞等に首席研究者及び本観測項目の責任者を含めてくださるようお願いします。

Nishino, S., 2017, R/V Mirai Cruise Report MR17-05C, 209pp., JAMSTEC, Yokosuka, Japan.

首席研究者
西野 茂人
独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC)
神奈川県横須賀市夏島町2-15
Tel: 046-867-9487, Fax: 046-867-9437
E-mail: nishinos@jamstec.go.jp

本観測項目の責任者
川口悠介
東京大学大気海洋研究所 海洋物理学部門
Tel: 047-136-6047, Fax: 047-136-6056
E-mail: ykawaguchi@aori.u-tokyo.ac.jp

また、本航海は、文部科学省の補助事業である「北極域研究推進プロジェクト」 (ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)の下に実施された旨の記載をお願いします。
機器名:
RDI 300kHz Work Horse Sentinel
機器の概要:
LADCPはCTDフレームに主機と副機の2台を上下方向に装着し観測を実施した。出力値は主機・副機を統計的に重み付けして平均したものである(Visbeck 2002)。
ファイル名
L***M***.lad(***は観測点とキャスト番号を表示)
例:ステーション70の1キャスト目のデータファイル名:L070M001.lad
: MR17-05C
: Processed (PI)
: JAMSTEC
:
:

観測位置

Imagery reproduced from ...

データリスト

  ファイル名
ladcp.zip

関連情報

更新履歴

2019-09-17
観測データを登録しました。