「みらい」 観測機器

観測機器 > 地球物理観測

マルチナロービーム測深装置 (MR14-03 - )

メーカー名 : L3Communications ELAC Nautik
型式 : 船上局:Sea Beam 3012 / 送受波器:Sea Beam 3012

指向性のある音響ビームを船底の送波器から送波、海底面から反射した音響ビームを受波器で受波し、この送波器から受波器までの音響ビームの伝搬時間より、水深値を求めるものである

マルチナロービーム測深装置 (MR12-01 Leg1 - MR14-02)

メーカー名 : L3Communications ELAC Nautik
型式 : 船上局:Sea Beam 3012 / 送受波器:Sea Beam 2112.004

指向性のある音響ビームを船底の送波器から送波、海底面から反射した音響ビームを受波器で受波し、この送波器から受波器までの音響ビームの伝搬時間より、水深値を求めるものである。

マルチナロービーム測深装置 ( - MR12-E01)

メーカー名 : SEABEAM INSTRUMENTS
型式 : 船上局:Sea Beam 2112.004 / 送受波器:Sea Beam 2112.004

船底から音響パルスを送出し、その反射波を多チャンネル受波器で受信する事によりリアルタイムで海底地形を計測する。また海底より遅れて届く反射波から海底下数十mまでの地層構造を探査する。

サブボトムプロファイラー (MR12-01 Leg1- )

メーカー名 : SyQwest
型式 : Bathy 2010

比較的低い周波数の音波を海底へ向け送波し、海底下の地層境界などから反射した音波を受信、処理することで海底下(表層)の構造を明らかにするものである。

サブボトムプロファイラー ( - MR12-E01)

メーカー名 : SEABEAM INSTRUMENTS
型式 : Sea Beam 2112.004

比較的低い周波数の音波を海底へ向け送波し、海底下の地層境界などから反射した音波を受信、処理することで海底下(表層)の構造を明らかにするものである。

船上重力計

メーカー名 : LaCoste & Romberg LLC
型式 : S-116

恒温槽中にスプリングで支持された錘が入っており、スプリングの伸びから重力を算出する。船上重力計はジャイロ加速度計によって制御される2軸のジンバル機構を備えており、船体動揺による影響を最小化している。

可搬型相対重力計 (MR11-06 - )

メーカー名 : SCINTREX Limited.
型式 : CG-5

船上重力計で得られた重力値は相対値であり、センサのドリフトを含んでいる。そこで携帯重力計により岸壁と重力基準点を閑塞観測することにより、ドリフト値を想定する。

可搬型相対重力計 ( - MR11-05 Leg2)

メーカー名 : SCINTREX Limited.
型式 : CG3M

船上重力計で得られた重力値は相対値であり、センサのドリフトを含んでいる。そこで携帯重力計により岸壁と重力基準点を閑塞観測することにより、ドリフト値を想定する。

船上三成分磁力計

メーカー名 : 有限会社 テラテクニカ
型式 : SFG1214

三軸のフラックスゲート磁力計によりx、y、z方向の地磁気を計測する。船体磁気および人工磁気ノイズの影響を最小化するため、センサはフォアマスト頂部のアルミ製プラットフォームに設置されている。

セシウム磁力計

メーカー名 : Geometrics, inc.,
型式 : G-882

海洋における地球磁場強度を計測する。船体磁場影響を取除くため、センサを船尾から400〜500m離して曳航しながら計測を行う。

プロトン磁力計 ( - MR12-01 Leg2)

メーカー名 : Geometrics, inc.,
型式 : G-811

海洋における地球磁場強度を計測する。船体磁場影響を取除くため、センサを船尾から400〜500m離して曳航しながら計測を行う。