「みらい」 観測機器

観測機器 > 堆積物分析 > X線装置

ソフトX線撮影装置

メーカー名 : ソフテックス株式会社
型式 : PRO-TEST 150

海底堆積物の堆積構造を撮影するための装置で、肉眼では観察しづらい構造を明らかにすることができる。

ソフトX写真現像装置

メーカー名 : 富士フイルム株式会社
型式 : FIP 1400

ソフトX線撮影装置で撮影したフィルムを現像する装置。撮影された堆積物の断面像を、船上でリアルタイムに確認することができる。

蛍光X線分析装置 ( - MR11-02)

メーカー名 : 株式会社リガク
型式 : RIX 2000

観測海域で収集された金属・鉱物・生体物質などの様々な試料を船上において計測分析し、構成元素の定量測定などに用いる装置。収集試料を速やかに船上分析することにより観測地点の状態を短時間で知るために必要な装置である。特徴として、蛍光X線分析装置は、X線管・半導体検出部・分析装置・データ処理装置で構成されている。X線管で発生したX線を試料に照射すると試料を構成する各元素の原子が励起され、それぞれの原子に固有の波長をもったエネルギーの異なる特性X線が放出される。この放出された特性X線を半導体検知部で測定して試料中の元素の定量を行う。

X線回折装置 ( - MR11-02)

メーカー名 : 株式会社リガク
型式 : RINT 2000

観測海域で収集された試料を船上においてX線を用い非破壊で原子レベルの構造情報を得るために用いられる装置。有機化合物・無機化合物・金属・鉱物・ポリマー・生体物質などの様々な収集試料を速やかに船上で分析することができる。特徴として、X線回折装置は、大きく分けるとX線高圧発生器・試料と検出装置の位置を決めるゴニオメータ・反射X線の検出装置で構成されている。X線高圧発生装置で発生させたX線をあらかじめゴニオメータで検出装置との位置を決められた試料に照射し、試料から反射されたX線を検出装置で検出し計測する。得られた計測結果を解析することで試料の構造情報を得ることができる。