深海映像・画像
アーカイブス

JAMSTEC E-library of Deep-sea Images (J-EDI)

  • メニュー
J-EDIについて
国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)では、「しんかい6500」や「ハイパードルフィン」などの有人潜水調査船や無人探査機を利用し、深海の調査や観測を行っています。
「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」では、JAMSTECが保有する潜水調査船や無人探査機により取得された膨大な数の深海の映像や画像を公開しています。
公開している映像の総時間は約35,000時間(2017年3月末時点)、公開している画像の総枚数は約140万枚(2017年3月末時点)となっています。 公開している映像や画像は、公開猶予期間を経過したものであり、映像や画像とともに撮影場所、撮影内容(生物名や事象)、調査内容などの詳細な情報も公開しています。
映像や画像の他にも、調査で取得した様々な観測データや潜水調査船の航跡を3次元や2次元で見ることができ、潜航調査や深海環境を可視化します。
J-EDIでできる事
深海の映像や画像を”見る”・”探す”
映像や画像に付与されたキーワードや撮影内容による分類、撮影情報を選択して検索することができます。 検索の結果はサムネイルで一覧表示され、映像プレイヤー、画像ビューアで再生する事ができます。
※映像・画像を閲覧するには、Adobe Flash Playerが必要です。
ソフトウェアがインストールされていない場合は、下記からダウンロードしてお使いのパソコンにインストールしてください。
深海の映像や画像を利用する
映像プレイヤー、画像ビューアから閲覧している映像・画像のダウンロードが行えます。 マイライブライリに映像・画像を追加すると、複数の映像・画像のダウンロードや、JAMSTECが保有する最高画質の「アーカイブ映像ファイル」の利用を申請することができます。
※ダウンロードやマイライブラリのご利用にはユーザー登録・ログインが必要です。
深海調査の様子を知る
潜水船CTDデータの情報を元に描画した3Dや2Dの潜水船航跡と、その潜航で撮影された映像や取得した環境情報などを一緒に見ることで、 深海調査の様子を知ることができます。
閲覧出来るデータについて
映像・画像
深海映像・画像アーカイブスでは、現在、6隻の潜水調査船で撮影された 1982年~2015年までの合計5,352潜航分の映像や画像を公開しています。
2017年3月現在
潜水船名 潜航年 公開潜航数 公開映像
撮影時間
公開画像数
(枚)
しんかい6500 1990-2014 1,225 約9,486 348,648
ハイパードルフィン 2000-2015 1,639 約11,201 667,093
かいこう 1995-2015 520 約4,582 79,895
よこすかディープ・トウ 2005-2014 123 約1,411 ---
しんかい2000 1982-2002 1,325 約6,549 278,948
ドルフィン-3K 1987-2002 520 約1,964 31,853
合 計 5,352 約35,193 1,406,437
※潜水調査船について詳しく知りたい方は、潜水船名をクリックするとJAMSTECサイト内の説明ページへ遷移します。
映像・画像に付与されている情報
J-EDIで公開している全ての映像・画像には、潜航調査時の情報として、潜航海域や撮影時刻等が付与されています。 また、全ての深海映像や画像はJ-EDI運用スタッフが視聴し、映像はシーンごとにカット編集し、文献や調査レポート等を参考に、映像や画像に写っている生物や地質環境などで分類し、情報を付与しています。
※生物分類の情報は、BISMaL(Biological Information System for Marine Life)に準拠しています。
生物の生態などを示すキーワード(群集や捕食など)や、撮影時の潜水調査船の状態を示す情報(下降中や採取作業など)が付与されている場合もあります。
映像・画像に関連する広報誌や学術誌がある場合は、映像プレイヤー・画像ビューアの「関連リンク」から文書カタログで公開しているページを参照することができます。
たくさんの深海映像や画像を視聴している運用スタッフがピックアップした、きれいに撮影されている映像などには、おすすめマークが付いています。 その中でも特にスタッフが気に入った映像は、”スタッフのお気に入り深海映像”ページで紹介しています。
J-EDIで公開されている画像は、JAMSTECが保有する最高画質の「アーカイブ画像ファイル」ですが、映像はWebによる配信にあわせた低解像度版になります。 JAMSTECでは高解像度の映像も保管しており、申請に応じて提供しています。詳しくは、「映像・画像の利用について」をご覧ください。
潜水調査船の航跡
JAMSTEC航海・潜航データ・サンプル探索システム(以下、DARWIN)で公開している潜水船CTDデータの時間情報、緯度・経度、深度データを元に2D・3Dの潜水調査船の航跡を描画しています。 潜水船CTDデータの詳細については、DARWINで公開している潜水船CTDデータのREADMEをご覧ください。
潜航情報
DARWINやJ-EDIで公開している潜航に関する基本情報(潜航日、潜航海域、潜航代表位置、潜航目的)を表示しています。 潜航情報ページの上空からの鳥瞰時における潜航位置表示は、潜航代表位置を使用しています。
水温・塩分グラフ、深度・撮影点グラフ
DARWINで公開している潜水船CTDデータの水温・塩分のデータをグラフ化しています。
岩石・生物サンプル情報
DARWIN、海洋生物サンプルデータベースで公開している潜水船で採取された岩石サンプル、生物サンプルを表示しています。表示しているサンプル情報の詳細については、サムネイルをクリックしてご覧ください。(DARWIN、海洋生物サンプルデータベースの該当ページに遷移します。)
地図データについて
このデータサイトでは地図の背景に下記のデータを利用しています。
General Bathymetric Chart of the Oceans (GEBCO)の30秒グリッドデータ
Imagery reproduced from the GEBCO_2014 Grid, version 20150318, http://www.gebco.net