DMO Report FY2016

1. 2017年4月時点のデータ公開状況

1.1 航海情報・潜航情報

2016年度に公開した船舶・潜水船別の航海・潜航情報の数およびこれまでの累計公開数は以下の通り。

航海数 なつしま かいよう よこすか みらい かいれい ちきゅう
FY2016 76 114 115 37 106 1
累計 407 318 311 196 352 9
総累計:1,593航海
潜航数 2K 3K 6K かいこう HPD DT YKDT うらしま
FY2016 470 244 327 237 283 219 32 24
累計 470 244 1,022 581 1,754 414 159 149
総累計:4,793潜航
1.2 航海・潜航で取得したデータ

2016年度に公開した主要なデータ種類別の件数およびこれまでの累計公開数は以下の通り。

航海単位 CTD XBT/XCTD TSG ADCP
FY2016 19 113 20 245
累計 185 910 146 357
航海単位 海底地形 重力 三成分磁力 クルーズレポート
FY2016 78 74 94 53
累計 727 592 651 774

(データ種毎に1航海分を1件とカウント)

その他のデータ種を合わせた総累計:12,246件

2016年度に公開した映像(公開用にカットしたシーン数)と画像の数とこれまでの累計公開数は以下の通り。

映像(シーン) 画像(枚)
FY2016 33,750 114,020
累計 344,374 1,406,437
1.3 航海・潜航で取得したサンプル

2016年度に公開した種類別のサンプル数とこれまでの累計公開数は以下の通り。

メタデータ数 岩石サンプル 生物サンプル コアサンプル
FY2016 715 6,181 324
累計 25,157 42,523 918

(岩石・コアについてはシステム更新に伴い一時的に非公開としたものが存在する)

2. 公開サイトのアクセス状況およびデータ・サンプルのオフライン提供数

2.1 データ公開サイトのアクセス状況

2016年度末までの2年分のデータ公開サイトのページビュー数をサイトのカテゴリ別に集計し、時系列で示した。

公開サイトのカテゴリ別ページビュー数の推移(内訳は以下の通り)

統合サイト: データ検索ポータルデータカタログBISMaLBISMaL-Mapper
海洋観測データ: 航海・潜航データ探索システム (DARWIN)海域モニタリングサイト津軽海峡東部海洋レーダーデータサイト (MORSETS)
映像・画像系: 深海映像・画像アーカイブス (J-EDI)
サンプル系: 深海底岩石サンプルデータベース (GANSEKI)、堆積物コアデータベース (COEDO)海洋生物サンプルデータベース
文書系:文書カタログ
海洋環境再現データ:Estimated State of Global Ocean for Climate Research (ESTOC)
※2017年3月にDARWINと統合
2.2 データ・サンプルのオフライン提供状況

2016年度にオフラインでのデータ・サンプルの提供件数は以下の通り
(1回の提供で複数の映像やサンプルを提供する場合も1件とカウント)。

種類 件数
観測データ 54
映像・画像 194
岩石・コア・生物サンプル 74

3. 主なトピック

(1) 映像・画像アーカイブスの全面改良版を公開

「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」は、映像・画像データへのアクセス性向上や潜航調査データとの統合可視化を実現するための大規模な機能改修を2015年度に実施し、2016年度にはデータ移行や再登録を実施して4月28日にリニューアル公開した。また、潜航調査時に撮影された画質での深海画像をシステムからダウンロード可能にした。このサイトリニューアルによる視認性や操作性の向上と高画質深海画像のオンライン提供によって、過去2年間と比べて深海映像・画像のダウンロード数はそれぞれ月平均で2倍および3.2倍に増加した。また、「スタッフのお気に入り深海映像」を毎月初旬に更新し、JAMSTECのTwitterやFacebookでも毎月の映像を配信する運用を開始した。これによって訪問数の大幅な増加を果たし、認知度の向上を実現した。さらに利用状況の分析結果を踏まえ、さらなる認知度の向上による利用者の拡大や定着化のために、モバイルデバイスからのアクセスへの対応やログインサービスの機能向上を実施した。

「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」映像・画像検索画面

「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」映像・画像検索画面

(2) GODACにてOBIS運営会議を開催

JAMSTECは国際的な海洋生物のデータベースであるOcean Biogeographic Information System(OBIS)にBISMaLのデータを提供するとともに、BISMaLを中核的なシステムとしてOBISの日本ノード(J-OBIS)を運営している。2017年2月1~3日に第6回OBIS運営会議がGODAC(沖縄県名護市)で17カ国35名の参加者を得て開催された。JAMSTECはこの会議のローカルホストを担うとともに、アジアノードが一同に介する場を提供することで、OBISアジアノード間の連携を促進させた。

GODACで開催された第6回OBIS運営会議の会議風景

GODACで開催された第6回OBIS運営会議の会議風景