注意事項

利用上の注意(必ずお読みください)

  ここでは「航海・潜航データ探索システム」 (DARWIN)を利用するに当たっての注意事項等が書かれています。 本データサイトのご利用前に必ずご一読下さい。

データの品質レベルについて

  このサイトでは原則として品質管理後または補正後のデータを提供していますが、品質管理を行っていないデータ(生データ等)も含まれています。ご利用の際はそれぞれのデータの説明をご覧下さい。

  このサイトにおける一般的なデータの品質管理レベルは以下のとおりです。

処理レベル表記
処理内容
Raw
船舶等で取得された状態のデータ。(通常、物理量への変換等の処理のみ。船上で1次処理されたものもここに含める。)
Processed (DMO)-Basic
情報管理部署がRaw Dataを処理して値の変換(導出値の計算)等を行ったデータであり、品質管理は行っていない。
Processed (DMO)-QCed
情報管理部署が品質フラグの付加、欠損値の置き換えなどの品質管理を行ったデータ。
最高Processed (DMO)-Corrected
情報管理部署が値の補正、誤差範囲の評価、信頼性の低いデータの除去、各種フィルター処理などの品質管理を行ったデータ。
最高Processed (DMO/PI)
課題採択研究者が処理を行ったものと情報管理部署が処理を行ったものが混在するデータ。
最高Processed (PI)
課題採択研究者が処理を行ったデータ。

  Processed(DMO)は情報管理部署が定常処理として作成するものです。

  データ項目によっては品質管理がされていないものがあります。

  品質管理レベルはデータによって異なることがあります。

  Corrected Processed(PI)は課題採択研究者が処理を行って提出したものです。品質レベルはそれぞれのデータで確認してください。

  より高度な処理が施されたデータが公開可能な場合は低次のデータと置き換えて公開します。Raw Data等をご希望の場合は情報管理部署までご連絡ください。

未公開データについて

  各航海ページにあるデータ(レポート)が未公開となっている場合は以下の理由のためです。

· 公開猶予期間内である

· データが提出されていない

· 公開作業が終了していない

· 公開に関する取扱が定められていない

· 非公開となっている、等

  利用をご希望の方は、データを特定できる情報(航海番号、潜航番号、データ種別、期間等)を分かる範囲で記入した上で、情報管理部署(dmo jamstec.go.jp)まで申し込んでください。情報管理部署で確認の上、提供可能かどうかをご連絡します。

  首席研究者、課題採択研究者(潜航研究者)に承諾を取って頂く場合や、ご希望に応えられない場合などもございます。あらかじめご了承ください。

   なお、オフラインデータの利用申請の詳細については、“オフラインデータとサンプルの利用申請”ページもご参照ください。

年度別のデータ・サンプルの取扱方針について

  過去の航海で得られたデータ・サンプルに対する取扱方針は、それぞれの年度や船舶・公募種別により以下のようになっています。それぞれの取扱方針で定められた公開猶予期間(公開期限等用語が異なる場合があります)内のデータ・サンプルおよび取扱方針が設定されていない航海のデータ・サンプルについては、首席研究者、潜航研究者等の許諾にもとづいて公開します。

みらいの場合
航海年度取扱方針
運用開始(1998年度)~ 2007年度までの全航海各年度の取扱方針(公募資料に添付)を適用します
2008年度以降の全航海データ・サンプル取扱規程を適用します
深海調査研究航海の場合
航海年度取扱方針
公募開始(2001年度)~ 2002年度航海各年度の「みらい」の取扱方針を準用します
2003年度~2007年度航海各年度の取扱方針(公募資料に添付)を適用します
2008年度以降の全航海データ・サンプル取扱規程を適用します
その他の航海
航海年度取扱方針
運航開始(1981年度)~ 2007年度航海設定無し
2008年度以降の全航海データ・サンプル取扱規程を適用します

   各年度の取扱方針はこちらをご参照下さい。

データの利用条件

  このサイトで公開されるデータやサンプル利用条件は以下のとおりです。

  1. 公開されたデータ・サンプルはJAMSTECに帰属し、利用者はそれらを利用する権利を認められます。
  2. JAMSTECは、公開したデータ・サンプルを利用した結果については責任を負いません。
  3. 利用者は、公開されたデータ・サンプルを改竄・販売してはいけません。
  4. 提供に必要な通信費、媒体費用、送料、消耗品代等の実費は利用者の負担とします。
  5. 利用者は、公開されたデータ・サンプルを利用した成果にはJAMSTECのデータ・サンプルを利用したことを明示してください。
  6. JAMSTECは、データ・サンプルの利用に際して取得者等を明示することを求めることができます。
  7. 利用者は、データ・サンプルを利用した成果を公表する場合には、著者(作者)、公表年、タイトル、公表の形式、公表の媒体等の情報と、公表した成果又はその写し1部をJAMSTECに対して提出してください。

  この他、必要に応じて利用条件が付加される場合があります。

データの産業利用

  このサイトから公開されるデータやサンプルを産業利用する場合は事前の申請が必要です。

   データの利用の場合は「データ利用申請書」を、サンプルの利用の場合は「サンプル利用申請書」をEメール、FAXまたは郵送にて下記宛に送付してください。

〒236-0001 横浜市金沢区昭和町3173-25

海洋研究開発機構 横浜研究所

データ管理技術グループ

データ管理担当者 宛

FAX:045-778-5424

  申請受理後、権利手続き等のため機構担当部署よりご連絡いたします。

   また、画像等(写真、映像、シミュレーション可視化画像、図版、模型など)の産業利用については「画像等の提供に関するお問い合わせ」をご覧ください。

その他の利用上の注意

  データサイトに掲載された情報は予告無く改訂されることがあります。変更情報は新着情報ページに掲載されます。

  地形データを使用して地形図を作成・刊行する場合は水路業務法第25条の類似刊行物に関する定めにご注意下さい。

謝辞・引用の方法について

  DARWINほか、NUUNKUIのデータサイトを利用して得られた成果物には、謝辞や引用の形で、JAMSTECのデータ・サンプルを利用したことを明記してください。

謝辞の記載:

  データサイトの名称とそのURLを明示し、そこに掲載されたJAMSTECのデータ・サンプルを利用したことを記載してください。

引用の記載

  それぞれの発表媒体で指定された方法により、データサイトを引用してください。データサイトの運営主体を明示するには海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC))の名称を使用してください。下記に和文・英文の例を示します。

  <和文>「海洋研究開発機構(2016) JAMSTEC 航海・潜航データ・サンプル検索システム(DARWIN). http://www.godac.jamstec.go.jp/darwin/, yyyy年mm月dd日」

  <英文> "Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (2016) Data and Sample Research System for Whole Cruise Information in JAMSTEC. http://www.godac.jamstec.go.jp/darwin/, Accessed on yyyy-mm-dd."

成果の公表、届出について

   このサイトのデータやサンプルを利用した成果を公表する際は、公表届を下記の事務局宛に電子メールにて送付してください。

  [事務局メールアドレス] sumbit-rv-cruise jamstec.go.jp

JAMSTEC航海・潜航データ探索システムのリンクポリシー

  外部のサイトからこのデータサイトへリンクを作成する際は以下の事項を守ってください。

  1. このデータサイトへリンクを張る場合はあらかじめ管理者(dmo jamstec.go.jp)に連絡し許可を受けて下さい。
  2. このデータサイトのURLは予告なく変更されることがあります。
  3. リンク元などのJAMSTEC以外のコンテンツに関して、JAMSTECは一切責任を負いません。また、データサイトで公開されたデータを使用した結果についてJAMSTECは責任を負いません。
  4. リンクを張る先はこのデータサイトのトップページを推奨します。ただし特定のデータに対してリンクを希望する場合はその航海の概要ページ(データ公開ページへのリンクを含むページ)へリンクしてください。
  5. データファイルへの直接のリンクは禁止します。
  6. リンクする場合は別ウィンドウで表示するようにし、フレーム内にこのデータサイトの全部または一部を表示しないでください。
  7. データの利用条件、引用条件等が示されている場合は必ずそれらへのリンクも明示してください。

   リンクに関すること以外についてはJAMSTECのサイト全体に関するサイトポリシーをご参照下さい。

背景地図とキーワード

  このデータサイトでは航跡図の背景に下記のデータを利用しています。

  1. General Bathymetric Chart of the Oceans (GEBCO)の1分グリッドデータ
    The GEBCO One Minute Grid, version 2.0, http://www.gebco.net
  2. NGDC 5-Minute Gridded Global Relief Data Collection (ETOPO5)の5分グリッドデータ
    Data Announcement 88-MGG-02, Digital relief of the Surface of the Earth. NOAA, National Geophysical Data Center, Boulder, Colorado, 1988.
  3. J-EGG500 (JODC-Expert Grid data for Geography -500m)の日本周辺500mメッシュデータ
    日本海洋データセンター(JODC)


  このデータサイトでは動的地図の背景に下記のデータを利用しています。
  1. GEBCO_2014 Grid, version 20150318, http://www.gebco.net/
  2. JTOPO30v2, http://www.mirc.jha.jp/products/JTOPO30v2/
  3. GSHHG (Version 2.3.6), http://www.soest.hawaii.edu/pwessel/gshhg/
  4. IHO-IOC GEBCO Gazetteer of Undersea Feature Names http://www.gebco.net/data_and_products/undersea_feature_names/
  5. 日本周辺海域等の海底地形の名称(海洋保安庁海洋情報部)http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOKAI/ZUSHI3/topographic/topographic.htm

 

 このデータサイトのサイエンスキーワードはGCMDのキーワードに準拠し,日本語ページではキーワードを日本語化して使用しています。