データとサンプルの利用申請

各データ・サンプル種目の申請方法を下表に示します。
各種目の注意事項をご確認の上、利用申請を行ってください。



申請方法 注意事項
観測データ DARWINバスケットからダウンロードしてください。
DARWIN上でデータが見つからない場合は 「データ利用申請書」をご送付ください(オフライン提供)。
リンク
映像・画像 「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」サイトからダウンロードしてください。
岩石 DARWINバスケットからウェブ申請*1してください。 リンク
コア DARWINバスケットからウェブ申請*1してください。 リンク
生物 「サンプル利用申請書」および「生物サンプルに関する同意書」をご送付ください。 リンク

       


(1) データ・サンプルの特定

機構ウェブサイト等を参考にデータ・サンプルの特定に必要な情報を収集してください。

必要な情報の例

· データ・サンプルを取得した船舶名、航海番号、測点名

· データ・サンプルを取得した潜水船名、潜航番号

· 観測やデータ・サンプルの種類

· データ・サンプルのID番号・名前など

特定が困難な場合は、調査海域(緯度経度の範囲)、調査期間、データ・サンプルの種類等希望の条件を示して、情報管理部署(dmojamstec.go.jp)へお問い合わせ下さい。


(2)優先使用者の許諾の要否確認

公開猶予期間中等の未公開データ・サンプルを利用申請する場合には、当該データ・サンプルを取得した航海・課題の首席研究者・課題代表研究者等、優先使用者の許諾を得る必要があります。優先使用者やその連絡先が不明な場合はお問い合わせください。また、許諾を得る際に優先使用者から個別の利用条件等が付加された場合は、それを文書にまとめ、利用申請の別添資料(形式自由)として提出してください。


(3) 利用申請

(3-1) 観測データの利用申請 

データ利用申請書」をEメールにてご送付ください。

Eメール:
dmojamstec.go.jp


(3-2) 生物サンプルの利用申請

「サンプル利用申請書」 をEメール、FAXまたは郵送にて下記宛に送付してください。

また、「生物サンプルに関する同意書」の提出が必要です。生物研究目的の申請の場合、サンプルは海外提供できませんのでご了承ください。詳しくは「海洋生物サンプルデータベース」の説明ページをご覧下さい。

「データ利用申請書」「サンプル利用申請書」送付先

〒236-0001 横浜市金沢区昭和町3173-25

海洋研究開発機構 横浜研究所

データ管理技術グループ

データ管理担当者 宛

FAX:045-778-5424

Eメール:dmojamstec.go.jp


(3-3) 岩石・コアサンプル利用のウェブ申請*2,*3

DARWINバスケットを使用してサンプルを選択し*1「サンプル利用申請」ボタンを押してウェブ申請フォームに移動します。フォームに必要事項を入力し、ご申請ください。

利用するサンプルの詳細リスト「利用試料リスト(MS-Excel)」、利用計画についての別添資料がある場合には、下記メールアドレス宛に送付してください。

岩石:dmojamstec.go.jp

コア:jc_curatorjamstec.go.jp