潜水調査船「しんかい6500」などで撮影された深海にすむ生物や深海底の映像、画像がご覧になれます

  • クラゲ
  • 溶岩
  • イカ
  • サカナ
  • 海底ゴミ
  • ギンザメ
  • 多毛類(ゴカイ)
  • タコ
  • 熱水/湧水域
  • ウニ
  • クシクラゲ
  • ホヤ
  • クラゲ

    クラゲ

  • 溶岩

    溶岩

  • イカ

    イカ

  • サカナ

    サカナ

  • 海底ゴミ

    海底ゴミ

  • ギンザメ

    ギンザメ

  • 多毛類(ゴカイ)

    多毛類(ゴカイ)

  • タコ

    タコ

  • 熱水/湧水域

    熱水/湧水域

  • ウニ

    ウニ

  • クシクラゲ

    クシクラゲ

  • ホヤ

    ホヤ

※サムネイルをクリックすることにより、代表的な映像・画像の一覧がご覧になれます

人気映像 (前月の再生回数が急上昇した映像をピックアップ)

2014/10/6更新

キーワード検索

キーワードを入力して探すほか、アイコンやツリーを選択をして探す方法や地図上で範囲指定して探す方法など様々な方法で映像・画像を探すことができます。

2014/10/10更新

シダアンコウ科の1種

2011年9月9日、西部北太平洋 鳥島東方沖の水深約5,370mで撮影されたシダアンコウ科の1種の映像です。

シダアンコウ科の仲間は、頭部から非常に長く発達した誘引突起を持っており、とても変わった形をした深海魚です。この映像では、その長い誘引突起を海底の方向に向け、上下逆さまになって漂っている様子が観察できます。このユニークな行動は、餌である底生生物をおびき寄せるためだと考えられています。

潜水船が近づくと、誘引突起が重いのか、口を開けたままゆっくりとその周辺を遊泳しますが、その時も常に逆さまの状態です。もしかして、一生、逆さまのまま暮らしているのでしょうか?今度は餌を捕える瞬間を見てみたいものです。

これほど不思議でユニークな行動をとるアンコウは、数あるJ-EDIの映像の中でも他に見たことはありません。

映像ID:  6K1267C2HDF1058_05563900_05585300

映像・画像の利用について

このサイトで公開している映像や画像を非営利の教育・研究目的で利用する場合には、無償ですが、論文、発表文、映像などに独立行政法人海洋研究開発機構の映像や画像を利用した旨を明記してください。

これらの目的以外の利用や高解像度版の利用を希望する場合には、「映像・画像の利用について」をご覧ください。

お問い合わせ

このサイトで公開している映像や画像は情報管理部署(横浜研究所 データ管理技術グループ)が管理を行っています。

公開している映像や画像に関するお問い合わせは下記にお寄せください。

メールアドレス


表示までしばらく時間がかかります