Survey data of algal beds on the Monitoring sites 1000 project, BDCJ
概要
このデータセットは、重要生態系監視地域モニタリング推進事業沿岸域藻場調査にて記録された海藻種に関するデータです。調査は、北海道から鹿児島を含む全国6箇所で毎年実施されています。また、5年に一度の調査で取得された海藻標本に関するデータも含まれています。このデータセットの基になっているモニタリングサイト1000沿岸域調査のデータファイルには、海藻の定量データ(被度や生物量など)に関する情報が含まれています。
引用方法
環境省生物多様性センター.モニタリングサイト1000(藻場調査)データファイル(http://www.biodic.go.jp/moni1000/findings/data/index_file_algalbeds.html).○○年○月○日閲覧.
文献情報
データセットの元になった文献など、データを理解する上で重要となる文献の情報を表示しています。
URL
ライセンス
連絡先
Resource Contact、Resource Creator、Metadata Provider、Owner
組織名 : 環境省 生物多様性センター 生態系監視科電話番号 : +81-555-72-6033住所 : 403-0005 日本山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1ホームページ : Eメール : biodic_webmaster@env.go.jp
生物出現レコード 概要
生物出現レコード →
[地図・概要]
レコード数
4,451
レコード取得期間
2008/05/26 ~ 2014/10/02
* データの最終更新日 : 2018/12/26
レコード取得範囲
緯度
32.140000 ~ 42.305100
経度
130.110000 ~ 141.491700
[環境情報]
レコード取得年
*対象の出現レコードに有効な深度の情報が無い為、深度別グラフを表示できません。
*対象の出現レコードに有効な水温の情報が無い為、水温別グラフを表示できません。
*対象の出現レコードに有効な塩分の情報が無い為、塩分別グラフを表示できません。
[登録されている分類群情報]
分類群数
165分類群
種数
165
Taxon level lower than family :100 %
Taxon level lower than species :100 %
学名一覧
表示件数
  • 10件
  • 50件
  • 100件
  • 500件
/ページ
BISMaL 学名の扱い (Status)学名PhylumOrderFamily種数レコード数
✔ validAcanthopeltis japonicaRhodophytaGelidialesGelidiaceae-6
✔ validAcrosorium flabellatumRhodophytaCeramialesDelesseriaceae-7
✔ validAcrosorium venulosumRhodophytaCeramialesDelesseriaceae-5
✔ validAcrosorium yendoiRhodophytaCeramialesDelesseriaceae-25
✔ validAgarum clathratumOchrophytaLaminarialesCostariaceae-3
✔ validAhnfeltiopsis flabelliformisRhodophytaGigartinalesPhyllophoraceae-20
✔ validAhnfeltiopsis paradoxaRhodophytaGigartinalesPhyllophoraceae-14
✔ validAlaria crassifoliaOchrophytaLaminarialesAlariaceae-14
✔ validAmphiroa ancepsRhodophytaCorallinalesCorallinaceae-55
✔ validAmphiroa misakiensisRhodophytaCorallinalesCorallinaceae-1
出現レコードダウンロード


こちら

  • ±ddd.dddddd(10進度)
  • ±ddd-mm-ss.sss(度-分-秒)
  • ddd-mm-ss.sssX(度-分-秒と方位略称)
  • ddd-mm.mmmmX(度-分と方位略称)
  • yyyy年mm月dd日
  • yyyy-mm-dd
  • yyyy/mm/dd
  • hh時mm分ss秒
  • hh:mm:ss±hh:mm
  • 24時間10進表記

本サイトで掲載しているデータのダウンロードには、利用目的の入力が必要です。 ご入力頂いた情報は、ユーザ構成の解析、データの利用頻度の把握等、サイト運営とデータ管理改善の為に利用します。