トップへ戻る

海洋生物の多様性と分布情報のデータベース BISMaL海洋生物の多様性と分布情報のデータベース BISMaL

Biological Information System for Marine Life
お知らせ
2019/07/10
【おもしろい和名 - BISMaLスタッフが選ぶ生物の名前 - 第10回】
プセウドスコウルフィエルディア属
海洋性の植物プランクトンです。ラテン語表記の学名を初見で読むのは難しいものですが、カタカナ表記でも同様です。
「プセウドスコウルフィエルディア」のように文字数が多いと日本人といえども舌を噛んでしまいそうです。
2019/06/26
新しいデータセットがBISMaLで公開されました。
Kelp Dataset
このデータセットは、環境省環境研究総合推進費S9-5の支援により作成された、日本周辺のコンブ類の生物出現記録です。
詳細についてはリンク先をご覧ください。
2019/06/21
システムメンテナンスに伴い、下記の期間サービスを停止いたします。
ご迷惑をお掛け致しますが、皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
6月26日 (水) 10:00~13:00
2019/06/21
【おもしろい和名 - BISMaLスタッフが選ぶ生物の名前 - 第9回】
タツノイトコ
タツノオトシゴにも、親戚がいるのかと思わせる面白い和名です。
この種の仲間は、ヨウジウオとタツノオトシゴの中間のような見た目だとか(Nelson et al. 2016)。
「タツノイトコ」の他に、「タツノハトコ」もいます。
2019/06/11
【おもしろい和名 - BISMaLスタッフが選ぶ生物の名前 - 第8回】
ハチジョウタツ
和名のおもしろさと言うよりは、newsとしての紹介です。
WoRMS (World Register of Marine Species)が選ぶ 「Ten remarkable new marine species from 2018」に、日本にゆかりのある「Hippocampus japapigu ハチジョウタツ」が選ばれました。
和名の由来は八丈島で確認されたタツノオトシゴであることから。
種小名のjapapiguは、Japanese pygmy sea horse の略なのか、Japan pigの略なのか。
岩場を覆う紅藻類を模したユニークな体色の写真はこちら
記載論文はこちら
一目でわかるBISMaLデータ
BISMaLに登録されている分類群の数と、出現記録としての登録状況
(2019/07/20 現在)
BISMaLに登録されている分類群の数: 38,047
出現記録がある分類群の数:12,470
出現記録がない分類群の数:25,577
動物界(kingdom Animalia)の門階級(phylum)ごとの出現記録数
(2019/07/17 現在)
出現記録の公開数:567,230 件
(2019/04/02 現在)
データマップ
BISMaLでは567,230件のレコードが公開されています (2019.04.02現在)。