Registered 22,154 species  (Collections:370,244; Observations:44,465; Other records:4,240)
生物の分類ツリー生物の出現記録データセット、データ提供機関・提供者
Classification : Eukarya - Opisthokonta - Animalia - Mollusca - Bivalvia - Pteriomorphia - Mytiloida - Mytiloidea - Mytilidae - Benthomodiolus
真核生物ドメイン - Opisthokonta - 動物界 - 軟体動物門 - 二枚貝綱 - 翼形亜綱 - イガイ目 - Mytiloidea上科 - イガイ科 - Benthomodiolus属

 
Species Benthomodiolus geikotsucola   Okutani & Miyazaki, 2007     ゲイコツマユイガイ

 
代表的な画像
外部リンク
解説
概要
現在、3 種が知られているBenthomodiolus 属は沈木など有機物遺骸に付着して生息するイガイ類であり、筋肉の配置や交板上に刻み目がない点などで近縁属から識別される。ゲイコツマユイガイは、後部足糸牽引筋足が非常に長いこと、また、その左右束が接近していること、殻皮毛と殻表面の放射線状の彫刻を欠くことで同属他種と異なる(Okutani & Miyazaki, 2007)。また、ゲイコツマユイガイが鯨骨上に生息するのに対し、他種は沈木などに付く (Dell, 1987)。現在のところ、本種は鳥島海山の頂上付近(水深約 4,000 m)で発見されたニタリクジラの遺骸からのみ発見されている。
参考文献
Dell, R. K. (1987) Mollusca of the family Mytilidae (Bivalvia) associated with organic remains from deep water off New Zealand, with revisions of the genera Adipicola Dautzenberg, 1927 and Idasola Iredale, 1915. National Museum of New Zealand Records 3: 17-36. 
Fujikura, K., Okutani, T. and T. Maruyama (2012) Deep-sea life-Biological observations using research submersibles, Second Edition. Tokai University Press, Kanagawa, Japan, 487 pp. (in Japanese). 
Okutani, T. and J. Miyazaki (2007) Benthomodiolus geikotsucola n. sp.: a mussel colonizing deep-sea whale bones in the Northwest Pacific (Bivalvia: Mytilidae). Venus, 66(1-2), 49-55.