分類 :
[学名] Eukarya - Opisthokonta - Animalia - Mollusca - Bivalvia - Pteriomorphia - Mytiloida - Mytiloidea - Mytilidae - Benthomodiolus
[和名] 真核生物ドメイン - Opisthokonta - 動物界 - 軟体動物門 - 二枚貝綱 - 翼形亜綱 - イガイ目 - Mytiloidea - イガイ科 - Benthomodiolus
Benthomodiolus geikotsucola Okutani & Miyazaki, 2007 ゲイコツマユイガイ
出現レコード
ダウンロードする出現レコードにはsynonymで登録されたレコードも含まれています。
生物出現レコード 概要
生物出現レコード →
[地図・概要]
■ レコード取得範囲緯度経度情報有り:100%
緯度
30.000000 ~ 30.918300
経度
141.000000 ~ 141.820000
水深
4025.000 ~ 4039.000 m
■ レコード取得期間期間有り:100%
1992/10/02 ~ 2005/07/13
* データの最終更新日:2019/08/13
■ レコード数10 件
[環境情報]
深度
水温
再解析水温データ (FORAより)
塩分
再解析塩分データ (FORAより)
関連リンク集同生物を別サイトで閲覧
OCEAN BIOGEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEMOBIS is a global open-access data and information clearing-house on marine biodiversity for sacience, conservation and sustainable development.
World Register of Marine SpeciesThe World Register of Marine Species aims to provide the most authoritative list of names of all marine species globally, ever published.
encyclopedia of lifeInformation and pictures of all species known to science
Global Biodiversity Information FacilityIt is is an international network and research infrastructure funded by the world’s governments and aimed at providing anyone, anywhere, open access to data about all types of life on Earth
uBioIt is an initiative within the science library community to join international efforts to create and utilize a comprehensive and collaborative catalog of known names of all living (and once-living) organisms.
DNA Data Bank of Japan生命科学の研究活動をサポートするために、国際塩基配列データベースを協同運営する INSDC (International Nucleotide Sequence Database Collaboration) の一員として、塩基配列データを収集しています。あわせて、自由に利用可能な塩基配列データとスーパーコンピュータシステムを提供しています。
Barcode of Life Data System (BOLD) It is an online workbench and database that supports the assembly and use of DNA barcode data. It is a collaborative hub for the scientific community and a public resource for citizens at large.
Google Scholar Google Scholar provides a simple way to broadly search for scholarly literature.
PubMed Central® (PMC)It is a free full-text archive of biomedical and life sciences journal literature at the U.S. National Institutes of Health's National Library of Medicine (NIH/NLM).
映像・画像
深海映像・画像アーカイブスより映像 (7 件)・画像 (4 件)
付随情報
概要
現在、3 種が知られているBenthomodiolus 属は沈木など有機物遺骸に付着して生息するイガイ類であり、筋肉の配置や交板上に刻み目がない点などで近縁属から識別される。ゲイコツマユイガイは、後部足糸牽引筋足が非常に長いこと、また、その左右束が接近していること、殻皮毛と殻表面の放射線状の彫刻を欠くことで同属他種と異なる(Okutani & Miyazaki, 2007)。また、ゲイコツマユイガイが鯨骨上に生息するのに対し、他種は沈木などに付く (Dell, 1987)。現在のところ、本種は鳥島海山の頂上付近(水深約 4,000 m)で発見されたニタリクジラの遺骸からのみ発見されている。
Benthomodiolus geikotsucola Okutani & Miyazaki, 2007 ゲイコツマユイガイ に関する参考文献
● 
Dell, R. K. (1987) Mollusca of the family Mytilidae (Bivalvia) associated with organic remains from deep water off New Zealand, with revisions of the genera Adipicola Dautzenberg, 1927 and Idasola Iredale, 1915. National Museum of New Zealand Records 3: 17-36.
● 
Fujikura, K., Okutani, T. and T. Maruyama (2012) Deep-sea life —Biological observations using research submersibles: Second Edition. Tokai University Press, Kanagawa, Japan, 487 pp. (in Japanese).
● 
Okutani, T. and J. Miyazaki (2007) Benthomodiolus geikotsucola n. sp.: a mussel colonizing deep-sea whale bones in the Northwest Pacific (Bivalvia: Mytilidae). Venus, 66(1-2), 49-55.
分類群情報ダウンロード
 


分類群ID(Taxon ID)
他 17 項目


本サイトで掲載しているデータのダウンロードには、利用目的の入力が必要です。 ご入力頂いた情報は、ユーザ構成の解析、データの利用頻度の把握等、サイト運営とデータ管理改善の為に利用します。
出現レコードダウンロード


こちら

  • ±ddd.dddddd(10進度)
  • ±ddd-mm-ss.sss(度-分-秒)
  • ddd-mm-ss.sssX(度-分-秒と方位略称)
  • ddd-mm.mmmmX(度-分と方位略称)
  • yyyy年mm月dd日
  • yyyy-mm-dd
  • yyyy/mm/dd
  • hh時mm分ss秒
  • hh:mm:ss±hh:mm
  • 24時間10進表記

本サイトで掲載しているデータのダウンロードには、利用目的の入力が必要です。 ご入力頂いた情報は、ユーザ構成の解析、データの利用頻度の把握等、サイト運営とデータ管理改善の為に利用します。