分類 :
[学名] Eukarya - Opisthokonta - Animalia - Annelida - Polychaeta - Sabellida - Siboglinidae - Osedax
[和名] 真核生物ドメイン - Opisthokonta - 動物界 - 環形動物門 - 多毛綱 - ケヤリムシ目 - シボグリヌム科 - ホネクイハナムシ属
Osedax japonicusFujikura, Fujiwara & Kawato, 2006ホネクイハナムシ
出現レコード
ダウンロードする出現レコードにはsynonymで登録されたレコードも含まれています。
生物出現レコード 概要
生物出現レコード →
[地図・概要]
■ レコード取得範囲緯度経度情報有り:100%
緯度
31.308580 ~ 31.397730
経度
129.977880 ~ 129.993530
水深
218.200 ~ 254.300 m
■ レコード取得期間期間有り:100%
2004/07/28 ~ 2012/04/13
* データの最終更新日:2019/02/12
■ レコード数100 件
[環境情報]
深度
水温
再解析水温データ (FORAより)
塩分
再解析塩分データ (FORAより)
関連リンク集同生物を別サイトで閲覧
OCEAN BIOGEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEMOBIS is a global open-access data and information clearing-house on marine biodiversity for sacience, conservation and sustainable development.
World Register of Marine SpeciesThe World Register of Marine Species aims to provide the most authoritative list of names of all marine species globally, ever published.
encyclopedia of lifeInformation and pictures of all species known to science
Global Biodiversity Information FacilityIt is is an international network and research infrastructure funded by the world’s governments and aimed at providing anyone, anywhere, open access to data about all types of life on Earth
uBioIt is an initiative within the science library community to join international efforts to create and utilize a comprehensive and collaborative catalog of known names of all living (and once-living) organisms.
DNA Data Bank of Japan生命科学の研究活動をサポートするために、国際塩基配列データベースを協同運営する INSDC (International Nucleotide Sequence Database Collaboration) の一員として、塩基配列データを収集しています。あわせて、自由に利用可能な塩基配列データとスーパーコンピュータシステムを提供しています。
Barcode of Life Data System (BOLD) It is an online workbench and database that supports the assembly and use of DNA barcode data. It is a collaborative hub for the scientific community and a public resource for citizens at large.
Google Scholar Google Scholar provides a simple way to broadly search for scholarly literature.
PubMed Central® (PMC)It is a free full-text archive of biomedical and life sciences journal literature at the U.S. National Institutes of Health's National Library of Medicine (NIH/NLM).
映像・画像
  • Photo by Y. Fujiwara
深海映像・画像アーカイブスより映像 (23 件)・画像 (24 件)
付随情報
概要
ホネクイハナムシ属に属する多毛類は海底に沈んだ鯨骨上に生育することが知られる。その体は基質となる鯨骨内部に埋没した樹根状栄養体部と中体部、中体部先端に付属する鰓冠からなる。本属の種の成体は消化管を欠き、樹根状栄養体部の組織中の共生細菌に栄養的に依存している。このうち、ホネクイハナムシは西太平洋産のものとして最初に見つかった種であり、九州の野間岬沖に沈設された鯨遺骸から記録されている (Fujikura et al., 2006; Fujiwara et al., 2007)。鰓は長さ 1.0-7.0 mm で、中体部は 9 mm 程度に達する。同属他種の輸卵管開口部が長いのに対して、本種のそれは短い。
Osedax japonicusFujikura, Fujiwara & Kawato, 2006ホネクイハナムシに関する参考文献
Fujikura, K., Fujiwara, Y. and M. Kawato (2006)A new species of Osedax (Annelida: Siboglinidae) associated with whale carcasses off Kyushu, Japan.Zoological Science, 23, 733-740.
Fujikura, K., Okutani, T. and T. Maruyama (2012)Deep-sea life —Biological observations using research submersibles: Second Edition.Tokai University Press, Kanagawa, Japan, 487 pp. (in Japanese).
Fujiwara, Y., Kawato, M., Yamamoto, Y., Yamanaka, T., Sato-Okoshi, W., Noda, C., Tsuchida, S., Komai, T., Cubelio, S. S., Sasaki, T., Jacobsen, K., Kubokawa, K., Fujikura and 8 authors (2007)Three-year investigations into sperm whale-fall ecosystems in Japan.Marine Ecology 28: 219-232.
分類群情報ダウンロード


分類群ID(Taxon ID)
他 17 項目


本サイトで掲載しているデータのダウンロードには、利用目的の入力が必要です。 ご入力頂いた情報は、ユーザ構成の解析、データの利用頻度の把握等、サイト運営とデータ管理改善の為に利用します。
出現レコードダウンロード


こちら

  • ±ddd.dddddd(10進度)
  • ±ddd-mm-ss.sss(度-分-秒)
  • ddd-mm-ss.sssX(度-分-秒と方位略称)
  • ddd-mm.mmmmX(度-分と方位略称)
  • yyyy年mm月dd日
  • yyyy-mm-dd
  • yyyy/mm/dd
  • hh時mm分ss秒
  • hh:mm:ss±hh:mm
  • 24時間10進表記

本サイトで掲載しているデータのダウンロードには、利用目的の入力が必要です。 ご入力頂いた情報は、ユーザ構成の解析、データの利用頻度の把握等、サイト運営とデータ管理改善の為に利用します。