【トピックス】「Using species distribution model to predict the impact of climate change on the potential distribution of Japanese whiting Sillago japonica」がEcological Indicators誌に掲載

2019/07/19

OBISやGIBFのデータを使用し、気候変動が水産種であるシロギスの分布に与える影響を予測した研究がEcological Indicators誌に掲載されています。

Zhang, Z., Xu, S., Capinha, C., Weterings, R., & Gao, T. (2019). Using species distribution model to predict the impact of climate change on the potential distribution of Japanese whiting Sillago japonica. Ecological Indicators, 104, 333-340.

論文では、気候変動の予測シナリオに基づき、日本沿岸も含め、シロギスの分布がどのように変化するかを予測しています。複数の温暖化シナリオで2050年、および2100年にはシロギスの生息環境が北緯20度近辺では悪化し、北緯40度近辺で好適化する様子が確認できます。詳しくはこちら