トップへ戻る

海洋生物の多様性と分布情報のデータベース BISMaL海洋生物の多様性と分布情報のデータベース BISMaL

Biological Information System for Marine Life
お知らせ
2022/06/13
新しいデータセットがBISMaLで公開されました。
Regionally Integrated Marine Database (RINKAI), managed by JAMBIO, an association of Japanese university-based marine stations
このデータセットは、JAMBIO沿岸生物合同調査で得られた生物の記録です。
詳細についてはリンク先をご覧ください。
2022/06/02
【おもしろい和名 - BISMaLスタッフが選ぶ生物の名前 - 第35回】
ダメサンゴ
なんだか守ってあげたくなるようなサンゴです。
2022/05/09
新しいデータセットがBISMaLで公開されました。
Distribution of Stylaraea punctata (Linnaeus, 1758) in Okinawa Island, Japan
このデータセットは、2019年に沖縄島のヒメサンゴの分布について、(株)エコーが調査した記録データです。
詳細についてはリンク先をご覧ください。
2022/04/28
以下のデータセットが更新され、約7,000件(2009-2018年)のデータが追加されました。
Survey data of rocky shores on the Monitoring sites 1000 project, BDCJ
このデータセットは、重要生態系監視地域モニタリング推進事業沿岸域磯調査にて記録された固着性生物に関するデータです。
詳細についてはリンク先をご覧ください。
2022/04/06
新しいデータセットがBISMaLで公開されました。
Organisms observed during the Shipboard Oceanographic Laboratory 3, Department of Marine Biology, Tokai University
このデータセットは、2016から2018年に東海大学海洋生物学科の「海洋実習3」として実施された望星丸の航海中に観察された生物の記録です。
詳細についてはリンク先をご覧ください。
一目でわかるBISMaLデータ
BISMaLに登録されている分類群の数と、出現記録としての登録状況
(2021/11/20 現在)
BISMaLに登録されている分類群の数: 39,961
出現記録がある分類群の数:14,783
出現記録がない分類群の数:25,178
動物界(kingdom Animalia)の門階級(phylum)ごとの出現記録数
(2021/12/02 現在)
出現記録の公開数:2,358,069 件
(2022/04/11 現在)
データマップ
BISMaLでは2,358,069件のレコードが公開されています (2022.04.11時点)。
2021年は、京都大学瀬戸臨海実験所の研究成果(和歌山県畠島)、東海大学練習船航海による目視観測結果(静岡県から小笠原諸島)、東北マリンサイエンス拠点形成事業からの調査結果(三陸沖)などからのデータがBISMaLで公開されました。